<< 愛する人へ <詩> 冥想の呪文 >>

小樽 旧国鉄手宮線跡

昨年の秋に小樽へ行ったついでに久し振りに手宮線跡を見てきました。
線路って、子どもの頃から大好きでした。今はそんなことできないでしょうけど、線路はいい遊び場でした。
線路を見ていると、どこかの見知らぬ遠い町に繋がっている。
いつか私も色んな所へ行くんだ。そんな夢を子ども心に抱いていました。
桜の時期なのに、秋の画像ですみません。少しだけ疲れました。


北海道で最初の鉄道開業区間の一部で、石炭や海産物の積み出しで賑わったが、1985年に廃止となった。
[PR]
by haru123fu | 2011-05-14 13:44 | 朗読・動画 | Comments(16)
Commented by yokuya2006 at 2011-05-14 20:59
鳥さんが思わせぶり。
Commented by harumimi1121 at 2011-05-14 21:53
今晩は♪
懐かしい手宮線。
今はもうカラスとスズメの遊び場なんでしょうね。
私が北海道知事ならharuさんを北海道の観光大使に
お願いしたいくらい!!
動画がどんどん進化していってますね。すばらしいです!!
あまり根を詰めないようにして下さいね。
Commented by tatsu at 2011-05-14 23:11 x
鉄ちゃんや廃線オタクが泣いて喜びそうな映像ですね。

昨年秋は久しぶりに観光で富良野へ行きましたが
毎年ニセコなどスキー場へ直行して帰ってきてしまいます
今年2月はサホロでした。
札幌には友人も居るのでまたゆっくり観光に行きたいです。
Commented by 海野久実 at 2011-05-14 23:26 x
「風と落葉と旅びと」ですよねー
なつかしい。
チューインガムの二人も今はもうお母さんになってるのかな?
チューインガムはわが兵庫県にあるラジオ関西のテーマ曲「海の見える放送局」も、歌っていましたね。

廃線と言うのはなんだかいいですね。
旅情をかきたてもするし、寂しくもあり。
そういえば、廃線を歩いた記憶があるぞ。
瀬戸大橋の開通した時に、イベントがあったんです。
廃線の線路を歩いて、その後瀬戸大橋を歩いて渡るというね。
懐かしい。
Commented by もぐら at 2011-05-15 00:59 x
どんどん映像編集が上手になってますね。
あ、偉そうにごめんなさい。

でも 無理はしないでくださいね。
体調があまりよくないのですか。
季節の変わり目で、震災のあとの疲れも溜まってくるころです。
無理しないで ゆっくりね。
haruさんが 元気になってくれるのが一番うれしい。
元気になって撮った写真を見せてもらえる日を ゆっくり、でも
楽しみにまってますよー。
Commented by fumio1945 at 2011-05-15 09:34
おはようございます~
映像編集さすが上手ですね。写真のコマと音楽の終了がぴったりしている所が素晴らしいです。編集のテクニックは・・・・
Commented by haru123fu at 2011-05-15 18:09
♪♪ yokuyaさん。
>鳥さんが思わせぶり。
そうなんです。道の真ん中をどうどうと歩きゆったりと線路を、
横切っていきました。
「カラスさん、あなたは空を自由に飛べるでしょ?… o(*^▽^*)o」
Commented by haru123fu at 2011-05-15 18:18
♪♪ harumimiさん。
>懐かしい手宮線。
でしょう。なんといっても北海道で初めて汽車が走った場所です。
全国でも3番目。小樽の凄さ、当時の活気がとてもわかりますよね。

>北海道の観光大使にお願いしたいくらい!!
わー!とっても嬉しい。でも……知床へはまだ行ったことないのです。(ガクッ!)
去年、計画してましたが、残念ながらお流れでした。(´・ω・`)ショボーン

Commented by haru123fu at 2011-05-15 18:25
♪♪ tatsuさん。
ぜひ、ぜひ、ゆっくり遊びにいらして下さい。札幌には私もいますよ。(笑)
これからの北海道は雄大でキレイなところばかりです。
tatsuさんなら、とってもステキなデジブックに変身させたいところ
ばかりですよ。(o^-^o)オイデオイデ!
Commented by haru123fu at 2011-05-15 18:45
♪♪ 海野久実さん。
>廃線の線路を歩いて、その後瀬戸大橋を歩いて渡る
いいなあ、きっとステキな風景だったことでしょうね。
私が、子どもの時は、駅のすぐ傍に住んでいて、本当は入っては
いけない駅の構内へ潜り込んで、よく遊んでいました。

線路に、耳をあてると、ゴトゴトと音がして、遠くを走っている
汽車の音が聞こえたりするんですよ。
Commented by haru123fu at 2011-05-15 18:55
♪♪ もぐらさん。
ほめてもらって、とってもウレシイです。(*^.^*)
でも、まだまだよくわからなくて……
きちんとYouTubeの説明を読めばいいのでしょうが、
めんどうくさいことキライで(@Д@;汗・汗(笑)
どうも、根気や集中力に負け気味で、
うつらうつらとすぐ眠りについてしまいます。(笑)
ファイト……と、思っているのですが。(*^-^)すぐ夢の中へ…。 
Commented by haru123fu at 2011-05-15 19:34
♪♪ fumioさん。
同じところで私も悩みました。最初は写真の枚数を増やしたり、曲の切れのいいところで切ったり、と四苦八苦でした。
ゆったりした曲なら、1枚の表示される時間を延ばしたり、テンポの速い曲には写真の枚数を増やしたりと、色々試して見て下さい。
写真と写真のつなぎに説明をいれて調整するのもいいようです。
でも、趣味が沢山でとっても忙しいはずのfumioさんが、尚かつ新しいことに挑戦する姿勢には、脱帽です。尊敬しています。
私も頑張らなくてはと、勇気をもらいました。
Commented by りんさん at 2011-05-16 18:35 x
素敵な映像ですね。
ノスタルジーを感じます。

そういえば、小樽に行った時、この線路見ましたよ。
思い出しました。
Commented by haru123fu at 2011-05-16 19:39
♪♪ りんさん。
北海道へ遊びに来てくれていたんでしたよね。
5月というのにまだチョット寒いです。
小樽は、私の母の生まれた街です。
札幌から近いと言うこともあってよく行きますが、
一番最近は、従兄のお葬式でした。
親戚が沢山いる小樽ですが、ずいぶんと少なくなってきました。
自分が、そんな歳になったと言うことですよね。(笑)
Commented by 矢菱虎犇 at 2011-05-17 18:45 x
映像後半の『ころんだ』ってところやカラスのところ、ドラマを感じました。素敵!!!
ちなみにボクのカラオケ十八番はベンEキングの『スタンドバイミー』っす。
ステェ~エン、ブゥワァ~イ、ミィ
ウオ~オオオ、ステェェン、ヴワァイ、ミ
と、歌うとそれらしく聞こえます。
Commented by haru123fu at 2011-05-17 22:06
♪♪ 矢菱虎犇さん。
子どもが線路のまくら木を楽しそうに走ってきて突然こけた!
あ、って思ったのだけど、一人で立ち上がりました。
横に写っているのがパパとママ。若いのに手を貸さずに見ていました。
ステキだなって印象に残りました。
そして、帰り際に私にバイバイってしてくれた。超カワイイ!
頭にスタンバイミーが流れました。この子は船出したばかり。
ファイト、頑張れって思いました。
虎犇さんの唄うスタンバイミーが聞きたいなあー(o^-^o)
<< 愛する人へ <詩> 冥想の呪文 >>