ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

とっても短い昔話/ショートショート

「昔、むかし、あるところに、お爺さんとお婆さんがすんでいました。」

「ねぇ、おじいちゃん。昔ってどれくらいむかし?西暦何年ごろ?」f0227323_1012419.jpg

「そりゃあずっとずう~っと昔さね。」

「……あるところって、どこ?」

「あるところは、あるところだよ。」

「そのお爺さんとお婆さんのお名前は?」

「さて、名前はよく知らないなぁ~」

「……いつかも、どこかもわからないの?
お爺さんやお婆さんの名前もわからないの?
ママ、大変よ!おじいちゃん認知症になったみたい!」

「えっ!お父さんどうかされましたか?」

「わしゃあ、ただ孫に、昔話を聴かせようとしただけだよ。」
[PR]
by haru123fu | 2012-02-17 10:16 | ショート・ストーリー | Comments(10)
Commented by harumimi1121 at 2012-02-17 19:50
何かありそうなお話で思わずニヤリとしてしまいました。
個人情報保護法ができたので
住所や名前は教えられないのかもね?(笑)
Commented by musashi211 at 2012-02-17 20:40 x
若い子の感性というか、ものの見方は大人からしてみれば到底考えつかないようなものなんですよね。
それこそ天然が好かれる理由ってやつですかな?
Commented by 海野久実 at 2012-02-17 21:41 x
こういうパターンのお話はてっぱんですよね。
それぞれ色んな落ちがありますが、haruさんのこれは新しいですね。
いまどきの子供が言いだしそうな…(笑)

落語では、お父さんのもも太郎のお話があまりにひどいので、子供がこの昔話の素晴らしさを解説する、お父さんが感心して聞くうちに、寝てしまってその寝顔を見て、子供が言う。
「いまどきの大人は罪がないなー」

なんて感じです。
もっといろんなパターンを考えると面白いかも。
Commented by curatortome at 2012-02-18 03:33
面白い切り口です。

最後の2行は、不要かも。

または、最後の1行を、たとえば
「はあ。昔話も昔話になってしまったか」とか。
Commented by haru at 2012-02-18 09:58 x
♪♪ harumimiさんへ
ありがとうで~す。
たまには自分でも何か書かなくてはと思うのですがナカナカ(泣)
Commented by haru at 2012-02-18 10:02 x
♪♪ musashiさんへ
そのとおりです。
おじいちゃんと孫のギャップを書いてみたつもり。でした。(笑)
Commented by haru at 2012-02-18 10:07 x
♪♪ 海野久実さんへ
あはは!さすが海野さんだと、どんどんお話が展開するんですね。
なるほど、なるほど。。。勉強になります。いつもありがとうございます。
Commented by haru at 2012-02-18 10:11 x
♪♪ Tome館長さんへ
わっ!そのオチいいですねー!
実は、これ朗読でお爺さんと孫を演じ分けたいと思ってました。
でも。。。なんだか画像作るのめんどうくさくて。(^┰^;)ゞ
Commented by 矢菱虎犇 at 2012-02-19 09:09 x
haruさん、グッジョブ!!
こどもが大人のお約束を理解して素直に話を聞きはじめたら、
こどもたる何かをすでになくしちゃってます。
Commented by haru at 2012-02-19 16:45 x
♪♪ 矢菱虎犇さんへ
えへへ。。。お恥ずかしいです。