<< 帰り道/まりん組・図書係より ... 牡丹の花が咲いている >>

引き裂く/Tome文芸館より 作 Tome館長 朗読・動画 haru

えっ!そんな気はなかったのに。。。夜の帳が降りる頃、わずかな懐疑心がどんどんと膨らんでいって。033.gif

            『引き裂く』 Tome文芸館より 作 Tome館長
                 ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2012-06-02 11:39 | 朗読・動画 | Comments(10)
Commented by curatortome at 2012-06-02 17:24
絹を裂く悲鳴も、haruさん?

まさかとは思うが、もしそうだったのなら、死んでわびねばなるまい。
Commented by haru123fu at 2012-06-02 19:13
♪♪ Tome館長さんへ
きゃきゃっ!そんな~ぁ。。。と言いたいところですが、そのとおり機械音です。
ボロ雑巾を引き裂く様な悲鳴だったら自分で叫ぶところでしたが、
絹を引き裂く悲鳴は。。。ちょっと[+д+]/ ムリダーヨ でした。(笑)
Commented by 海野久実 at 2012-06-02 20:53 x
Tome館長さんのこの作品を読んで思い出した、シチュエーションが似ている僕の体験談を元にした作品を書きました。

ところでこの作品ですが、「効果音。キター!」と言う感じですね。
こう言うのが入るとラジオドラマっぽくってなかなかいいです。
惜しむらくは、朗読と朗読の間だけに短く入っているので、取って付けた感がありますね。
朗読にかぶせてもう少し前から入ったほうがいいと思いました。
あと、悲鳴は「きかんしゃトーマス」の汽笛に聞こえなくもないですね(笑)
ここはやはり、haruさんの悲鳴をお願いしたかったですね。
絹とは行かなくても、木綿ぐらいは大丈夫でしょう?
豆腐かいな。
Commented by haru123fu at 2012-06-02 21:43
♪♪ 海野久美さんへ
ふむふむ。。。やはり、そうですよね。絹を引き裂く悲鳴ではなく木綿?
あはは!木綿ぐらいならできそうかなぁ~。。。
機械音は、やはりとってつけたようですよね。
よ~し!次からは地声でがんばるかなぁ~!!(すぐその気になる私…笑)
海野さんの実体験の「帰り道」も、近々朗読させてもらってもいいですか?
お願いします。
Commented by 海野久実 at 2012-06-03 00:00 x
おおー、「帰り道」ですか?
よろしくお願いします。
「引き裂く」に続いて、主人公が男性ですね。
ちょっとドスの効いたharuさんの朗読も、なかなかのものですよ。

また、少年や女性が主人公の作品も、haruさんの天使の朗読が聞けてそれはそれでまたいいものですよね。
Commented by 矢菱虎犇 at 2012-06-03 03:27 x
駅から家に帰るとき、前に素敵な後ろ姿の女性が歩いていると、
「オ、オレは通り魔とかじゃないかんね!」と、心の中で言い訳してしまって笑っちゃいます。言い訳しながらちょっとドキドキしちゃったりして。ムフムフ。
Commented by 雫石鉄也 at 2012-06-03 04:49 x
夜道で、女が前を歩いている。
こういうシチュエーションはよく経験しますね。
女を追い越すまでが楽しみです。
たいてい、追い越して、がっかりですが。
Commented by haru123fu at 2012-06-03 12:31
♪♪ 海野久実さんへ
ありがとうございます。「引き裂く」に続く悲鳴木綿豆腐で頑張ります。(笑)
Commented by haru123fu at 2012-06-03 12:36
♪♪ 矢菱虎犇さんへ
考えてみるとそう言う場面に出くわすなんてことありますよね。
Tome館長さんの描く女性にも青ざめた恐怖感が見て取れます。
男性も、女性も、きっと夜道の一人歩きいやでしょうね。(笑)
Commented by haru123fu at 2012-06-03 12:41
♪♪ 雫石鉄也さんへ
きゃきゃきゃっ!追い越してがっかり。。。ある。ある。
たとえふり向かれても、ふり向いたあなたが怖い!
だったりして。(笑)

<< 帰り道/まりん組・図書係より ... 牡丹の花が咲いている >>