ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

恋文/Tome文芸館より 作 Tome館長 朗読・動画 haru

この作品でYouTubeへの動画UP200作になりました。時がたつのは早いものですね。200作目は、なにか自分の記念になるような作品をと思いましたが、やはり自分では書くことができず、普段ご自分の作品を自由に使わせて下さるTome館長さんの『恋文』を朗読させてもらいました。
これまで生きてきた人生の中でラブレターなるものを一度も書いたことが無く、恋もしたことがない私が朗読するには自分の記念になるだろうなって想っています。024.gif

             『恋文』Tome文芸館より 作 Tome館長
                 ↑ リンクを貼らせて頂きました。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2012-06-17 10:00 | 朗読・動画 | Comments(12)
Commented by curatortome at 2012-06-17 10:36
わあ、200回目の動く恋文や~!
おめでとうございます。ありがとうございます。

中学生の時、恋文というのかなんというのか、教室の窓に「○○(イニシャル)さん、好き」と鉛筆で書かれたラクガキがあって、そのイニシャルの持ち主は私しかいなくて、クラスで話題になったことがありました。
誰が書いたかはわかっていて、その後、ノートの切れっぱしに書かれた恋文らしからぬ恋文らしきものを同級生の女の子から手渡されました。

今考えると、当人を置き去りにして、まわりの女の子たちが恋のから騒ぎを楽しんでいたように思えます。
結局、なんの進展もありませんでしたが、ほろ苦くも甘いような懐かしいエピソードになりました。
Commented by もぐら at 2012-06-17 12:07 x
youtube200作品 おめでとうございます。
すごいですね。

200回目の作品もかわいらしく、最後までステキです。
これからも楽しませてくださいね。
おめでとうございます。
Commented by 海野久実 at 2012-06-17 12:23 x
200作品おめでとうございます。
継続は力なり。
係属はつながりなり(笑)
ときどき朗読に関して悩んだり落ち込んだりしてらっしゃることもあるようですが、これからは気楽にいきましょう。
たかが読むだけですからね。
気軽にどんどん読み倒してください。

ところで、この「恋文」よりも先に、「恋文」にインスパイアされた僕の「想い」が朗読になっていますね。
今回、真打登場と言う感じがあります。
Commented by haru123fu at 2012-06-17 16:20
♪♪ Tome館長さんへ
ありがとうございます。時々薬で朦朧としながらも、良くここまで、
下手くそな朗読をUPしたものだなぁー!なんて思ったりしてます。
多分朦朧としているから恥ずかしくもなく朗読していたのかも(笑)

blogのおかげでなんとか自分を保っている様なそんな気もします。
本当にありがとうございます。
Commented by haru123fu at 2012-06-17 16:28
♪♪ もぐらさんへ
ありがとうございました。
目下新薬の副作用のためほとんど寝た状態です。
何か目標を持って、と思うのですが、かなり気力が減退ぎみです。
ホームページの勉強も総仕上げに係りました。でも、時々テキストを
見ないと忘れているところもあって、完全とはいきません。

我を忘れるほど夢中になれるものを見つけたいのですが、なかなかですね。
Commented by haru123fu at 2012-06-17 16:34
♪♪ 海野久実さんへ
ありがとうございます。
ああ、そうですよね。Tome館長さんの「恋文」から海野さんの「想い」が
作品となって出来上がったんでしたよね。
海野さんの「想い」も朗読させていただいてもよろしいですか?
また、リセットして一からの出直しです。(笑)
Commented by 海野久実 at 2012-06-17 17:29 x
あー、そうだ。
「想い」はまだ朗読してもらってませんでしたね。
たくさんあるのでわからなくなっちゃってますー(笑)
Commented by haru123fu at 2012-06-17 19:54
♪♪ 海野久実さんへ
「想い」明日UPさせていただきますね。
いつも本当にありがとうございます。
Commented by musashi211 at 2012-06-17 23:17 x
200作品おめでとうございます!
イヤー、恋というのは、本当に考える程よくわからなくなります。
最近ようやく彼女ができて、恋というものを実感しております!
それでも、言葉にできない感情っていうものがあって、日々戸惑いを感じます。
Commented by haru123fu at 2012-06-18 08:35
♪♪ musashi211さんへ
彼女が出来たんですね。。。おめでとう。
それで、「あの子も僕も同じ空の下」の詩がうまれたのですね。

゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚良い!ですね。純粋なステキな詩でした。♥
Commented by 雫石鉄也 at 2012-06-18 08:50 x
200作品おめでとうございます。
この中に私の作品もいくつか入っていると思うとうれしいです。
今後とも、よろしくお願いします。
Commented by haru123fu at 2012-06-18 11:16
♪♪ 雫石鉄也さんへ
ありがとうございます。もちろん雫石さんの作品も沢山はいっています。
「ミュータント狩り」スゴイ力作でしたね。本当は全作朗読させてもらいたかったです。
第1話と最終回の間に朗読だけでいれてみたいなぁ~なんて思っています。