ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

鍵束/まりん組・図書係より 作 海野久実 朗読・動画 haru

久しぶりに海野久実さんの掌編小説を朗読させていただきました。でも。。。やはり私にはムリ 007.gif
声は上ずるは、声枯れしそうになるのをなんとか踏ん張ってこの程度。海野さんごめんなさい。040.gif
余裕とか余韻とかまるで無し。出るのはため息ばかりなり。結構頑張ったのですが。。。015.gif
どうにもならないことは、信じてもいない神頼みで通りすぎるしかありませんね。042.gif

              『鍵束』 まりん組・図書係 作 海野久実
                 ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2012-10-09 15:51 | 朗読・動画 | Comments(4)
Commented by curatortome at 2012-10-09 20:52
細部まで克明に描写しながら、流れるように物語が進行しておりますね。
物語の中に留まる時間の長さは、想像力における肺活量を意味しているように思えます。

haruさんも、なかなか体力ありますね。
Commented by marinegumi at 2012-10-09 21:40
いやーなかなか朗読は体力勝負と言うところがありますからね。
黙読するのは簡単でも、声に出すと言うのは難しさは倍増しますね。
身をもって実感した事があります。
一か所でも間違うと録音し直し、なんて事になるとげっそりするでしょう。
それを思えば十分合格点を差し上げます。
というか、かなり聞き入ってしまいました。
Commented by haru123fu at 2012-10-10 07:33
♪♪ Tome館長さんへ
かなり苦しいものがありました。(^^;
美しい流れるような掌編小説なので、力がはいったのですが、5分を超えるものは。。。(;_;)

途中途中で区切って読んであとで編集するという手もあるのですが、
それだと、最初の声と変わっていまいそうで、いつも一気に読むようにしています。作品によって音程をかえているため。。。

意識しているのは自分だけでしょうかね?
Commented by haru123fu at 2012-10-10 07:41
♪♪ 海野久実さんへ
ありがとうございます。ふっと思ったのですが、もしも読み手がもぐらさんだと、すんなり読むことができるのでしょうね。
こんど、もぐらさんが読んだ海野さんの作品が聴きたくなりました。

りこさんやりんさんの作品も、絶対にもぐらさんだよなぁ~なんて思います。
あはは!自分の勉強不足を棚に上げちゃってる。(ーー;)