ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

虹の橋/Tome文芸館より 作 Tome館長 朗読・動画 haru

子どもの頃は、一度でいいから雲に乗ってみたいとか、虹の橋を渡りたいなんて、おもったものでした。
大人になった今でも、時々ふっと思い出します。虹を見るとなにか良いことがありそうな気がするのはなぜでしょうか。そんな子どもの頃に一瞬帰るのかもしれませんね。003.gif

             『虹の橋』 Tome文芸館より 作 Tome館長
                  ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。 

        
[PR]
by haru123fu | 2012-11-08 14:57 | 朗読・動画 | Comments(2)
Commented by curatortome at 2012-11-08 17:11
聞けば聞くほど、haruさんの愛を近くに感じました! 
光ケーブル経由で虹を見た気分だぜ!
Commented by haru123fu at 2012-11-08 17:30
♪♪ Tome館長さんへ
さっそく使わせて頂きました。

きゃはは!光ケーブルは、どんなに遠くとも、捕まえることが
できますね。Tome館長さんが架けた虹の橋すぐに捉えることができました。(笑)