ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

ひなげしの花/Tome文芸館より 作 Tome館長 朗読・動画 haru

想像すると丘には一面のひなげしの花が咲いて、風に吹かれてゆらりゆらり、花びらが舞い上がったり、落ちてきたり。。。そんな世界に浸ってみました。現実は、雪・雪・雪の白い世界です。015.gif

          『ひなげしの花』 Tome文芸館より 作 Tome館長
                  ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2012-12-17 13:16 | 朗読・動画 | Comments(4)
Commented by curatortome at 2012-12-17 17:21
ひなげしの花は咲いてなかったと思いますが、このような夢を見たのです。

少女たちへの憧れでしょうか。
それとも、地に足を着けていたくないだけなのでしょうか。
Commented by haru123fu at 2012-12-17 18:01
♪♪ Tome館長さんへ
空を飛ぶ夢。最近は見なくなりました。以前はよく見たのに。
でもなぜか落下するんですよね。(笑)

お気づきでしょうが、最近BGMに歌詞のあるものを選んでいます。
特に詩の場合。相乗効果をねらっているのですが、
あまり上手くは行かないものですね。

紙風船は以前にも使ったことがあるので、著作件侵害にはならないこと
を知っていました。(笑)
Commented by 海野久実 at 2012-12-18 13:23 x
あえて歌詞のある曲とのコラボ。
なるほどねー
初期の頃の反省を糧にして新しい試みと言う感じですね。
挑戦者ですねー
これはけっこう繊細な感性と言うか、そんなものが必要な作業だと思いますが、なかなかよくコラボってると思いますよ。

「紙風船」は昔から好きな歌です。
気力が落ちてきたら、もう一度、何度でも、意識して打ち上げる。
最近はそんな感じに聞こえます。
Commented by haru123fu at 2012-12-18 15:52
♪♪ 海野久実さんへ
朗読を始めたころは、ハチャメチャでしたね。(今も名残があるかな…笑)
海野さんの作品でいっぱい練習させてもらいましたよね。
いつも的確にアドバイスを下さって、ありがたかったです。

それにしても、私はよく分かりもせず、とにかくやってみる。
あとは野となれ山となれで、この性格はきっと一生変わらないことでしょう。