ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

蜘蛛の糸/芥川龍之介  朗読・動画 haru

                     『 蜘蛛の糸 』  芥川龍之介

        
[PR]
by haru123fu | 2013-01-05 08:31 | 朗読・動画 | Comments(6)
Commented by curatortome at 2013-01-05 09:10
お釈迦様を地獄に落としてみたくなり候。
Commented by haru123fu at 2013-01-05 10:22
♪♪ Tome館長さんへ
このお話、子供心にとっても怖かったのを覚えています。
確か、紙芝居だったようなそんな気が。。。?

滑舌の悪さと、入りのトーンが低すぎたのが自己反省点。
もっと練習してから。。。ということでしょうかね。
画像に時間がかかりすぎで、朗読がおろそかになる。それも反省点ですね。
あらら、上げるとキリがない。(^▽^)
Commented by 海野久実 at 2013-01-05 15:32 x
途中からharuさんの朗読だと言う事を忘れて聞き入ってしまいました。
まあ、それが理想なんでしょうね。
朗読者が誰であれ、その存在を忘れると言うのがね。
改めて聞くと、芥川龍之介の文章、なかなか美しい描写ですね。
ストーリーが有名なだけに、あまりオリジナルの文章に触れる事が少ないですから。
Commented by 春待り りこ at 2013-01-06 07:56 x
お釈迦様の気まぐれで。。。
地獄の中で一瞬だけの希望を見せられ、
新たにその光を完全に絶たれるという
さらなる地獄を味わうことになるなんて。。。
なんて不幸なのかと思いました。
・・・・・・小学校の頃こんな感想を堂々と先生に言ったことがあります。
あの時の先生のしかめた顔が、今も忘れられません。
懐かしいなぁ。。。
haruさんの芥川。。。最高でした。トーンが低い?
私はだからこそ。。。よく見えてきましたよ。
地獄も。。。極楽も。。。楽しみました。ありがとっ♪
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by haru123fu at 2013-01-06 11:40
♪♪ 海野久実さんへ
この作品は一発勝負ではなくて、何度も練習してから
朗読するべきでした。(反省)

でも、色々な欠点が沢山見つかりましたのでそれは良かったです。(笑)
やはり長い文章は、だんだん疲れてきているのがよくわかります。
そういえば、先日HPをUPした時に、久しぶりに海野さん作「懺悔の時」を久しぶりに聴きました。とても良い作品に巡りあえている
私は幸せ者ですね。
Commented by haru123fu at 2013-01-06 11:48
♪♪ 春待ち りこさんへ
わーい!りこさんお帰りなさいませませ。
りこさんのblogが更新されたのを見て、すごく嬉しくて、嬉しくて(泣)

ふふふっ!小学生の先生としては、求めている感想があったのでしょうね。
「生き物は大切に、決して悪いことはしません。」みたいな(笑)

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。