ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

207号室の宇宙人/まりん組・図書係より 作 海野久実 朗読・動画 haru

今日は久しぶりに海野久実さんの掌編小説の朗読です。ごく普通の日常生活に、ある日お隣に引っ越してきた方は?さてさて、どんなことが起きるやら。。。006.gif

         『207号室の宇宙人』 まりん組・図書係より 作 海野久実
               ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2013-01-24 13:35 | 朗読・動画 | Comments(5)
Commented by curatortome at 2013-01-24 16:22
あはは。
隣の宇宙人、下手な人間より礼儀正しいですね。
Commented by haru123fu at 2013-01-24 16:32
♪♪ Tome館長さんへ
ホントですね。宇宙人ジョーンズなら面白いですよね。
Commented by 海野久実 at 2013-01-26 21:05 x
はーい、ありがとうございます。
なかなか選曲のセンスで、のどかな作品に仕上がっていますね。
奥さんの可愛らしさと、物事に動じない感じが良く出ていました。

ところで、今日昼間、仕事中にコメントを書いていたんですが、「雪が降ってきた」に書いたところで用事が入ってしまったんです。
この作品に書くのを忘れたわけではありません。

あ、そうそう。
もうお気づきかもしれませんが、「細い」は「細かい」ではなくあくまで「ほそい」ですよ(笑)
Commented by 海野久実 at 2013-01-26 21:27 x
あ、「細い」ではなく「細く」でしたね。

>指は細く片手が十本はあった。
これはこうした方がいいな。
>指は細く片手に十本はあった。
直しとこう。
Commented by haru123fu at 2013-01-26 22:04
♪♪ 海野久実さんへ
そうそう、そんな風に間違いをきちんと教えて下さるのが、海野さんの
コメントのありがたいところです。「て、に、を、は」で、雰囲気や内容が変わる。
日本語の難しさは、そんなところにあるのかもしれません。
海野さんのチェックが入るとなんだかうれしいなあ~!
「まだまだ頑張ろうって」そんな気になります。