ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

伝言板/まりん組・図書係より 作 海野久実 朗読・動画 haru

不思議世界の入り口はいつあなたの前に開かれるのかわかりませんが、もしかして、ここかも。027.gif

             『伝言板』 まりん組・図書係より 作 海野久実
                ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2013-02-18 13:38 | 朗読・動画 | Comments(4)
Commented by curatortome at 2013-02-18 15:59
やがて作者は消え、作品だけが残った。
Commented by haru123fu at 2013-02-18 18:22
♪♪ Tomeかんちょうさんへ
チョットミステリー的な音楽と朗読の仕方をしたのですが、どうかな。。。(^^ゞ
Commented by 海野久実 at 2013-02-18 20:43 x
ありがとうございました。

僕は朗読と言うものは、独り芝居ではないんだからあまり感情を込めずに淡々と読むのが良いのではないかと基本的に思っているんですが、これを聞いてちょっと考えが変わったかも。
「僕は」の所と「私は」の所を読み方を変えているのが良い効果を上げていますね。
聞いている人の気になると、ちょっとだれて来たかな?と言うところで、「私は」の部分に差し掛かり、ぐんと持ち直した感じでした。
選曲もまずまず良かったですよ。
前半と後半で曲調が少し変わるのもよく合っていました。
Commented by haru123fu at 2013-02-18 21:26
♪♪ 海野久実さんへ
この作品はミステリアスに仕上げたいって思いました。
原作者の思いよりも自分の直感にどうしても従ってしまいます。
この曲も最初に聴いて下さる人に「なんだ?」と思わせたくて。。。(笑)
画像が微妙に変化していっているのに気が付いてもらえたでしょうか?

海野さんがそばにいてここはもっとこういう感じでとか言ってもらえたら
最高なんですがね。そういうわけにもいかないし。。。

あ、そーだ!最近私のブログへ来てくれたあーちゃんが、ツイッターで、
宣伝してくれました。ありがたいことです。