<< 防波堤の記憶/Tome文芸館よ... 詩 あのころは/ありがとうはま... >>

レモンライム/まりん組・図書係より 作 海野久実 朗読・動画 haru

海野久実さんの爽やかな掌編小説です。恋人とのデート。016.gif 初恋はレモンの味って本当でしょうか?ん!初恋をしてみなくてはわかりませんね。041.gif

           『レモンライム』 まりん組・図書係より 作 海野久実
                 ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2013-02-24 07:00 | 朗読・動画 | Comments(10)
Commented by aps-atyan-new at 2013-02-24 07:38
おはようございます^^/
今日の作品も楽しく拝見しました。
オイラの遠い昔の事のようで、・・・(笑)
って 嘘ですがw・・・ でも若い時がなつかしいです^^/
Commented by usaginotubuyaki at 2013-02-24 09:00
おはようございます。

東京ラブストーリーのかんちとリカがダブって思い出されました(^^;

私も こんな時代があったような~~('v')ニヤリ・・
haruさんの青春時代はどうだったのかな~♪
Commented by haru123fu at 2013-02-24 09:04
♪♪ あーちゃんへ
おはようです。さっそくのコメントありがとです。です。
若さっていいですよね。
私にもそんな時が。。。。無かった!(笑)
Commented by haru123fu at 2013-02-24 09:08
♪♪ うさぎさんへ
そうですね。思い出した。。。東京ラブストーリーのかんちとりか。

ん?うさぎさんにはそんな思い出があったんですか?ウラヤマシイ
私も。。。。あったことにしよっと!(嘘だろが。。。笑)
Commented by curatortome at 2013-02-24 11:23
取り繕わねば成立しない恋愛、面倒臭いですね。
Commented by haru123fu at 2013-02-24 12:52
♪♪ Tome館長さんへ
クククッ(笑)あれほど素敵な女性の絵を描くTome館長さんなのに
そのあたりは、面倒くさいのですね。
Commented by 海野久実 at 2013-02-24 13:46 x
haruさんありがとうでーす。
なかなか皆さん好感触ですね。
こういう青春時代があったらなーという妄想です。
Tome館長さん、めんどくさいなんて。
こういうめんどくささがまたいいんですよね(笑)

haruさんなら雷鳴を入れるかなと思っていたんですが、なしでしたね。
僕は基本的に朗読にはバックに何もいらないと思うんですが。
でも、音楽や音響効果が入るとそれはそれで面白いですよね。
ラジオドラマっぽくなって。
Commented by haru123fu at 2013-02-24 14:48
♪♪ 海野久実さんへ
なんだか良かったみたいですね。(笑)
昨日は友人が遊びに来ていて、ひどく疲れてしまっていたので、すぐに
眠れるかなと思っていたのですが、妙に気持ちが興奮してでもいるかのように
眠剤を飲んでも全く眠れず。娘に拝みこんで眠剤を追加してもらったのですがやはりダメ。
そうだ!ムリに寝ようとしないで海野さんの「レモンライム」を朗読しようとPCに向かいました。
薬のせいで妙にハイテンションの朗読になってしまいましたが、案外それも正解だったかな?

落雷、もちろん入れるつもりでした。でも、どうしてもBGMにレモンツリーを
入れたくて落雷は邪魔になるなって思いました。
この曲は、私が確か中学性の頃兄のギターで、二人でよく歌った曲です。
早い話が兄の練習台にさせられていただけなんですけど。音程が間違うと
ハモリが狂うから、主旋律をきちんと歌えなんて偉そうに。。。
私がPPMやブラザースフォーなど英語の曲に親しんだのもそんな兄の
影響でした。懐かしくおもいだされます。
Commented by larala at 2013-02-25 09:11 x
haruさん こんにちは~
素敵な音楽だな~と聞き入ってました。そういうharuさんの思い出の曲なんですねー。
レモンライムの続編みたいです・・・♪♪
いえ、続編と言うより????
Commented by haru123fu at 2013-02-25 18:49
♪♪ laralaさんへ
お返事遅くなってしまいごめんなさいです。
レモンツリー。。。本当によく歌った(詠わせられた?)曲です。
いちいち注意されながら。。。あの頃は良かったなぁ~シミジミ(笑)
まさか、こんな体になるなんて思ってもいなかった。きゃはは!
<< 防波堤の記憶/Tome文芸館よ... 詩 あのころは/ありがとうはま... >>