<< 世界の終りというタイトルの本を... 死神/まりん組・図書係より 作... >>

手鏡/作・朗読・動画 haru

2012年の1月に書いたショートショートです。そういえば本当にショートショートを書くことがなくなったなあと思います。この歳になってくると、頭の衰えは一年とはいえ早いものです。039.gif
gifアニメも自分でどうやって作ったのか?記憶にありません。041.gif 頭は使わなくては活性化しないので、どんどん色々なことをやってみようと思いつつも。。。ふぁ~もう眠いです。014.gif

                     『手鏡』 作・朗読・動画 haru

        
[PR]
by haru123fu | 2013-04-06 13:09 | 朗読・動画 | Comments(9)
Commented by curatortome at 2013-04-06 14:24
身につまされます。

印象に残らない。すぐに疲れる。
できる事が限られ、できない事が増えてゆく。

煮物料理しながらPCを使う時、料理中である事を忘れるので、キッチンタイマーを使うようにしているのですが、肝心なそのセットを忘れたり。

鍋を火をかけたまま忘れて外出した時は、さすがにゾッとしました。
Commented by haru123fu at 2013-04-06 15:35
♪♪ Tome館長さんへ
ばあちゃんを見ると行く道が見え、娘を見ると来た道が見えます。
でも、ばあちゃんは物忘れはひどいですが身体は私よりもずっと元気。
週3回のデイサービスにも喜んで通っています。

この身体で、認知症になったらと思うとぞーっとします。
身体が動かない分なんとか脳トレで頑張るぞー!って思います。(#^.^#)
Commented by marinegumi at 2013-04-06 17:41
手鏡の中の顔を見ている。
わたしの顔は目が大きくてまつ毛が長い。
誰にでもかわいいと言われる。
頬はすべすべで、しわの一つもない。
手鏡を置いて部屋の隅に寝ているおばあちゃんを見る。
そのまま眠っていなさいねと私は思う。
起きてしまうと大変なんだもの。
腰が痛いとかお腹が減ったとか、いろんなことを言う。
いくら腰をさすっても痛みは治らないし、ご飯を食べたことを忘れてすぐにお腹が減ったと言うんだ。
最後にはお前は誰だ?って私に聞くんだから嫌になる。
私は絶対あんな年寄りにはならないと思う。
手鏡をもう一度覗き込む。
しわの増えた顔がそこにある。
目は変わらずに大きいけれど、まつ毛も変わらず長いけれど、何となく瞳が濁って見える。
目の下や目じりにも、しわが見えている。
肌にも少し陰りが見える。
これがシミというものになるのかしらん。
Commented by marinegumi at 2013-04-06 17:42
ため息とともに手鏡を持った手を膝の上に置く。
部屋の奥にはお仏壇。
おばあちゃんの写真が見える。
台所では小気味のいい包丁の音が聞こえている。
娘が最近は料理をしてくれるようになった。
もう一度手鏡を持ち上げる。
その手鏡が急に重くなったような気がする。
その中の顔を一瞬おばあちゃんだと私は思った。
でもよく見るとやっぱり私なのだ。
孫だから似ていて当たり前ね。
お腹がすいたので娘を呼んだ。
でも来てくれたのは見知らぬ女の人。
ご飯はまだかと聞くと、今さっき食べたでしょと言う。
そんなはずはない。
こんなにお腹はペコペコだ。
娘を呼んでくれと言うと、娘さんは一週間に一度しか来ないのだという。
さ、おしめを取り換えましょうねと、手鏡を取り上げられる。
私はそれを取り返す。
もう一度それを覗けば、きっとあの日の若くてきれいな私が見えるはずだと思った。

おわり

なんてね。
Commented by haru123fu at 2013-04-06 18:39
わーっ!パチパチ(拍手)さすが海野さんですね。
そういえばTome館長さんの所にも。(笑)
先ほど、今日UPされた作品の朗読のお願いに海野さんの所へ行って
きました。改めてお願いします。
Commented by larala at 2013-04-06 20:48 x
haruさん こんばんは~
またharuさんの手作りですね。
とっても美味しかったです。フフフ
私ぼけちゃった~

手鏡にまつわるお話
友が自分で作った木彫りの手鏡、私にくれると言っていた手鏡。
津波で流されてしまいました。(本当の話です)
たった今、あの手鏡は私のものにならない運命だった。
もらえなくて良かった。

最近鏡を見る時間が少なくなりました。
もう一人の友はいつも鏡を見ています。
厳しい心が顔に現れるのが怖いそうです。
いつもにこやかに応対します。

そんなの不自然です。そう思います。今さら・・・・・

よ~く書かれているお話だと思います。
老人ホームにボランティアに言ってます。
いろんなケースを見ています。
ぼけるが勝ちですよ~
Commented by 雫石鉄也 at 2013-04-07 04:12 x
うん、なかなか良かったです。
オチが効いてます。オチに至るまでの描写が効いてますから、オチが見事に効いて、う~んと考えさせられる余韻が残りました。
haruさん、もっとショートショートを書かれたらいいのに。
Commented by haru123fu at 2013-04-07 09:14
♪♪ laralaさんへ
私も鏡を見ることがあまりなくなりました。それと同時にお化粧をすることも、
あまりなくなりました。顔を洗ってオールインワンクリームを塗るだけ。
ずぼらになったものです。外出は必ずマスク着用なので、暑くなってきたら
辛いものがあります。
老人ホームのボランティアをしているのですか。偉いなー!
私もなにかしないとボケちゃいますよね。もうボケてるかな?
あはは、そうですね。ボケるが勝ですね~!いつもありがとうです。
Commented by haru123fu at 2013-04-07 09:22
♪♪ 雫石鉄也さんへ
ありがとうございます。
雫石さんに褒められると超ウレシイで~す。

なかなか、頭の回転が。。。ショボンです。(笑)
最近は日中も寝ていることが多くなりました。起きているのは朗読のときだけみたいな。
これではいけませんね。(笑)
<< 世界の終りというタイトルの本を... 死神/まりん組・図書係より 作... >>