ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

60年後に再び/まりん組・図書係より 作 海野久実 朗読・動画 haru

生きる詩のKawazu Kiyoshiさんの作曲作品を使わせて頂きました。交響曲「3・11」よりTUNAMIです。
原作と同じくリンクを貼らせて頂きました。ありがとうございました。040.gif

           『60年後に再び』 まりん組・図書係より 作 海野久実
                 ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2013-04-28 13:49 | 朗読・動画 | Comments(6)
Commented by aps-atyan-new at 2013-04-28 14:36
クローン製造機に、ワープ推進エンジン、未来的な言葉ばかり・・・
何が何だか理解するのに時間が掛かります。
オイラの固い頭では、理解するのに・・・笑
頭の回転が良く成る機械が早く完成しないかな?
えっ無理だってw バカは死ななきゃ治らないって良いからね~www
SF小説を読んでいるみたいでした。
朗読、ご苦労様でした~^^/
Commented by haru123fu at 2013-04-28 14:57
♪♪ あーちゃんへ
海野さんは色々な分野の作品を書かれます。SFもその一つです。
というより、SFが多いかな?(笑)
ちょっと長い作品でしたが、きいていただいてありがとです。
そのうえ、コメントまで。ウレシイです。ヘ(ё_ё)ノ ワーイ
Commented by curatortome at 2013-04-28 17:11
理屈っぽい話、もう頭が受け付けなくなりました。
魂と意識の違い、自己と他者の区別、今更どうでもいい気分。

相対性理論も、雲をつかむような理屈ですよね。
暗黒物質や暗黒エネルギーも、真っ暗で先が見えない。

理屈以前に根本的な問題があるような気もします。
万能の悪魔なら、人間と契約なんかする必要なかろう、とかね。
Commented by 海野久実 at 2013-04-28 17:46 x
おおー、なかなかSF感たっぷりの朗読、ありがとうございました。
haruさんの声が中性的で物語にのめり込めます。
しかし音楽がすごいですね。
こんな壮大なオーケストラ曲が自作できる時代なんですね。

Tome館長さん。
僕が理解できるのはこの辺が限界ですね。
最近のSF小説は解説を読んでおもしろそうだと思ってもいざ読みはじめるとちんぷんかんぷんと言うのがよくあります。
>万能の悪魔なら、人間と契約なんかする必要なかろう
これ、いいですね。
このテーマでなんか書けそう。
まあ悪魔物はショートショートの一つのパターンですからね。
それをSFと絡ませてみただけです。
Commented by haru123fu at 2013-04-28 18:35
♪♪ Tome館長さんへ
私ならそうでも、Tome館長さんならまだまだ大丈夫でしょう。
二足歩行をしなくては、脳も衰えるのかなあ~なんて思ってしまいます。(笑)
水芭蕉を見に行きたいなんて、思っているのですが、今日も雨。
お天気はなかなか私に味方してくれないんです。

Tome館長さんの動画づくりもずいぶんと沢山になりましたね。
「ロレロ霊歌」に使われたのが、ご自分で撮った月でしょうか?
人の影はTome館長さんかな?
そんな風に思って楽しませてもらっています。
Commented by haru123fu at 2013-04-28 18:49
♪♪ 海野久実さんへ
Kwazu Kiyoshiさんのおかげで、壮大なスケールのお話になりました。
BGMに使わせてもらうのはもったいない感じでしたが、そのおかげで
私の朗読がとても助けられました。
お二人に感謝です。ありがとうございます。

SFと悪魔って面白い絡みになって、朗読していても楽しかったで~す。
またよろしくお願いします。(._.)ペコリ!