ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

第四夜/夢十夜より 夏目漱石  朗読・動画 haru

                        夢十夜より 『第四夜』 夏目漱石

        

このおじいさんは、どうなったのでしょう?本当は神様で、この世に遊びにきたけれど、お酒を呑みすぎて、酔っぱらったので、川で火照った体を冷やしていたのでしょうか?うぅ~ん。。。分からない。分からないから夢なのかもですね。041.gif
[PR]
by haru123fu | 2013-06-12 04:32 | 朗読・動画 | Comments(9)
Commented by curatortome at 2013-06-12 11:15
夢十夜、そこそこ最近読んだはずなんですけど、この話、記憶に残ってないですね。
印象に残らない、まさに夢のような話。
Commented by haru123fu at 2013-06-12 12:32
♪♪ Tome館長さんへ
そうなんですよ。朗読していてもさほど面白くない。
あ、だからこそ、もっと面白く朗読すべきなのかなあ~!
Commented by aps-atyan-new at 2013-06-12 18:29
じいさんは、どうしたんでしょうね?
余韻の残るお話ですね。
まっすぐ歩いた。まっすぐ歩いて見えなくなった。
迷いなく・・・
只、ひたすらまっすぐ歩く。その言葉の様に見習いたいと思った。
見えなくなっても・・・笑
難しい話でしたね。私の頭には、少し難解でした~
朗読、ご苦労様でした~(*'-'*)
Commented by haru123fu at 2013-06-12 20:49
♪♪ あーちゃんへ
ホント、ホント。爺さんはなんだっていうのでしょうね。(笑)
私も難解でした。なので、朗読にも身が入ってない。(^^ゞ

>只、ひたすらまっすぐ歩く。その言葉の様に見習いたいと思った。
いえいえ、時には曲がらないと危ないで~す。

明日の第五夜は、今日よりは幻想的でちょっと面白いと思います。
これに懲りずに聴いてもらいたいです。
よろしくお願いし(*´∀`)ノマァ―――シュッ☆彡
Commented by ふらり at 2013-06-12 23:17 x
こんばんは^^
蛇に。。。
まず忌み嫌うもので興味を引き、あとを見させる。
興味深い進行、結末を言わず想像させる。
日に日に背中が。。。。。。
(=o=;)キャァァァァァ 背中寒い。。。。。
さすが文豪!引きずり込まれてます^^;
聞いてみたいけど、ちょっと怖い(TmT)ウゥゥ・・・

追伸
プロフィールの続きはおいおいに^^
Commented by ふらり at 2013-06-12 23:20 x
冷酒に 面影浮かべ 月語り
カンパイ!!、おつかれです^^
Commented by haru123fu at 2013-06-13 00:15
♪♪ ふらりさんへ
私はビールをプラスチックの小さな器で、乾杯です。今日もお疲れ様
でした。こんな風に夜遅く起きているのはたまにですが、良いものですね。
お仕事お疲れさまでした。今日も一緒に杯を傾けることができたこと、
幸せに思います。
冷酒に 面影浮かべ 月語り。。。素敵ですね。夢を下さって。(._.)ペコり
まずは、きょうの無事を祝ってカンパイ☆Yヽ(´∀`)ノです。
ふらりさんのような優しい方に幸せの神様が明るい道を開いてくださいますよう。
Commented by larala at 2013-06-15 11:07 x
こんにちは~

煮しめを肴に酒を飲む。そんなところから始まって何が起きるのかドキドキでした。

今年は蛇年でした・・・
おじいさんについて行った子供、怖いもの見たさに・・・
もしかしておじいさんが蛇になったかも~
川を泳いで渡ったかも知れない・・・

川の中を泳いでいる蛇を見たことあります。
昨年は目の前でマムシを見ました。
どちらも気持ち悪~い、でした。
Commented by haru123fu at 2013-06-15 16:19
♪♪ laralaさんへ
楽しんでくれてありがとうございます。
え!川を泳ぐ蛇を見たのですか。しかもマムシまで。。。

そうですね。案外おじいさんが蛇になって泳いで行ったのかも。
なるほど、そんなふうに思いもつきませんでした。
さすがに、laralaさんですね。
夢十夜の残り五話も、朗読しようと思っているのですが、
身体のコントロールがなかなかうまくできなくて。(^^ゞ
でも、こうして皆さんとお話することで、まだ、正気を維持できています。
本当に感謝です。