ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

梟の族/智恵子抄より 高村光太郎 朗読・動画 haru

智恵子が統合失調症を患い、いかに周りがおもしろおかしくうわさ話をしていたのかが、この詩で初めて知りました。またまた勝手な解釈ですが、当時のことですかから、精神病は「キチガイ」と一括りで人の目や口にたったことでしょう。この「梟の族」にはそんな時代背景と光太郎の苦しみを感じました。

                 『梟の族』 智恵子抄より 高村光太郎

        
                          写真提供 写真に息吹を注げたらより APSあーちゃん
[PR]
by haru123fu | 2013-08-01 15:00 | 朗読・動画 | Comments(10)
Commented by ふらり at 2013-08-01 18:16 x
こんにちは^^
ちょっと気温が下がりましたよ><
口さかない声に怯え、苦しむ様が感じられる。
梟は猛禽類だから、怯える小鳥。

夜の闇 息ひそめ なお 夜明け待つ
では後程^^
Commented by curatortome at 2013-08-01 18:42
田舎でも、一つの村に一人ふたり変な人はいましたね。
今は隔離され隠ぺいされているため目立たないだけで、実際には変な人、相当な数いるように思えます。
Commented by haru123fu at 2013-08-01 18:58
♪♪ ふらりさんへ
大阪はず~っと猛暑つづきと、TVの天気予報で言っていたので、
ふらりさん大丈夫かな?なんて思っていました。
少しでも気温下がって気持ちの良い天候になってくれると良いですね。

人の口には戸が立てられないって本当ですね。
Commented by haru123fu at 2013-08-01 19:16
♪♪ Tome館長さんへ
平均寿命が伸びたぶん、老人性認知症の患者さんも多そうですよね。
精神科病院は大繁盛とみえて、どこも立派な建物に変身してます。
私もお世話になる日が近いかも。(〃∀〃)ヤレヤレ
Commented by aps-atyan-new at 2013-08-01 19:37
ハルさん こんばんは~

以前も高村光太郎さんの作品に登場でしたね。
作品と、とてもマッチしているようです。(少し不気味ですが・・・笑)

今日も写真を使って頂きありがとうございます。
とても嬉しいです。アリガトウ(〃´ω`)(〃ノ_ _)ノ デスッ♪
Commented by haru123fu at 2013-08-01 21:39
♪♪ あーちゃんへ
こちらこそ、ありがとで~す。写真好きに使わせて頂いています。
この写真とっても好きだったので、小泉八雲に使おうかな?とか、
色々考えていたのですが、妙に「梟の族」にマッチしてるなあ~と
思って。。。でも、確かに不気味ですね。…( ̄  ̄;)コワッ!

今度はもう少し明るい作品に使わせて頂きます。(まだ使う気でいる…笑)
Commented by ふらり at 2013-08-02 00:00 x
こんばんは^^
朗読に聞き入って、涼しくなったんですよ^^


灯り見え 足も進んで 冷や汗か
梟は追いてこなかったようです^^;
ホッとして ( ^_^)/□☆□\(^-^ )
Commented by haru123fu at 2013-08-02 00:15
♪♪ ふらりさんへ
おかえりなさい。大阪も少し涼しくなりましたか?

ちょっと怖い朗読でしたね。あーちゃんの写真が妙にピッタリで。。。
切ないよりも怖い感じになっちゃいました。…( ̄  ̄;)アララ
大阪も明日からは少し気温が下がるようですが、
天気予報って当たりそうで、当たらない事も多いですよね。

明日が涼しい日であることを願って。あれっ?もう今日でした。(≧∀≦)
( ^^)/ロ≧☆チン!≦ロ\(^^ )。。。おやすみなさい。
Commented by 通りすがりの者ですが…… at 2014-07-09 20:00 x
この詩は智恵子が統合失調症になる20年以上前の作品です。おもしろおかしくうわさ話をされていたのは、単なる光太郎と智恵子の恋愛です。よく調べてから書いて下さい。
Commented by haru123fu at 2014-07-09 22:06
♪♪ 通りすがりさんへ
ご指摘ありがとうございました。そうですね。おっしゃるとおりです。

私が難病を患った時も当初は随分人の噂の種になりました。不思議なもので
そう言う噂は風の便りのように聞こえてきたものです。なので、この作品は、
つい自分と重ね合わせてしまいました。現在も闘病中ですが、
自分の思い込みで、勝手な解釈をしないよう気をつけます。
重ねてありがとうございました。