ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

残暑お見舞い申し上げます『雪女』で少し涼しくなれますか

残暑お見舞い申し上げます。
またまた、ちょっとズルをして、記事も完全リサイクル投稿です。私の大好きな作品で、もうとっくにご存知の方も多いと思いますが、優しさと涼しさを、そして、みなさん十分ご存知でしょうが、Tome館長さんの天才的な素晴らしさを再度アピールさせて頂きます。原画の油絵も素晴らしいです。
とかなんとか言って手抜きだろうって。。。015.gif いえいえとんでもない。でも、そうかな?039.gif


あまりの美しさに言葉が出ません。画像中心に文字は最低限しか入れていません。BGMもなかなかこれはというものがなかったので、自分で歌いました。出来うる限りの小さな声で。じゃまだったかもしれません。008.gif

               『雪女』 Tome文芸館より 作 Tome館長
                  ↑ リンクを貼らせて頂きました。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2013-08-22 05:54 | 朗読・動画 | Comments(6)
Commented by aps-atyan-new at 2013-08-22 06:04
ハルちゃん おはよ~
朝早いね!
オイラは満月の赤月を狙らいに行ったけど、雲がかかって撃沈でした。
滅多に撮れないからいいんでしょうね(*^з^*)
今日も頑張ってまいりましょう~ρ(′▽`o)ノ゙ ファイトォ~♪
Commented by curatortome at 2013-08-22 10:49
再びの紹介、お褒めいただき、ありがとうございます。

飽きやすく、逃げやすく、一つ事を長く続けられないのが私の限界。
そのため、作品のバリエーションと点数だけは多いのです。
Commented by haru123fu at 2013-08-22 17:59
♪♪ あーちゃんへ
暑い中、お疲れ様です。あーちゃんのおかげで、月が沈む風景を初めて、見ました。
そして、すぐに拝借。。。自分はなんの苦労もせずに。m(。≧エ≦。)mゴメンチャイ

Tome館長さんの書かれた雪女は、小泉八雲の雪女のその後ではないかと。
雪女(お雪)とみの吉の間に生まれた子がやがて僧侶となって、
母親に命がけで会いに来たのでは。

我が子と知った雪女(お雪)は、死を覚悟にわが身の体温を上げて、
僧侶を抱きしめて、その命を守り、水となって溶けてしまったんでしょうね。
なんて、私のあくまで想像ですが。∵ゞ(≧ε≦o)イヒヒ
Commented by haru123fu at 2013-08-22 18:13
♪♪ Tome館長さんへ
暑い夏にはピッタリの雪女のお話。小泉八雲のつづきでは、
なんて勝手なことをコメントしてしまいました。(^^)エヘヘ笑ってごまかす。

YouTubeへのアクセスがとっても上がったのには、びっくりでした。
Commented by ふらり at 2013-08-22 23:21 x
こんばんは^^
夜風が少し涼しくなってきたようです。

面影を 求めて探し 夢何処
ひんやりと ( ^_^)/□☆□\(^-^ )
Commented by haru123fu at 2013-08-22 23:33
♪♪ ふらりさんへ
夜風が少し涼しくなりましたか。大変な猛暑ですね。
お仕事お疲れ様でした。

たとえ雪女でも、母は母ですよね。会いたい気持ちが募るのでしょう。
あれれ、父が雪男だったら。。。どうなんでしょうね。…( ̄  ̄;)ん?
あははっ!やっぱり雪女の方がお話としては成立しやすいかな?
なんて、相変わらずバカなコメをしていますね。(笑)

ひんやりとした夜でありますように( ^^)/ロ≧☆チン!≦ロ\(^^ )オヤスミナサイ