ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

詩  波/言葉探しの部屋より 作 春待ち りこ 朗読・動画 haru 

春待ち りこさんの驚きの作品です。005.gifすべての詩のタイトルが「波」そして、一つひとつが独立した詩でありながら、全ての詩が合わさってまるで小説のような構成になっています。
さすがりこさんだなあ~と感心しきりです。それなのに、上手く朗読できない。007.gif 自己流ではやっぱり駄目かな?そろそろ発声練習とか習いに。。。もう遅いかな。041.gif

             詩 『波』 言葉探しの部屋より 作 春待ち りこ 
                ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2013-11-16 09:00 | 朗読・動画 | Comments(8)
Commented by aps-atyan-new at 2013-11-16 19:14
色々大変な事が続きますね。
私も4年ほど前はどん底でした。
毎日寝ても、うなされ目が覚めてしまい、汗でぐっしょりに為って目が覚めます。
経済的な部分が多いのですが、もう駄目だと何度も思ったものです。
その時は、末っ子が大学を卒業するまで、何とか持ちこたえようと考え直し、今に居たっています。
状況はそう対して変わらないけれど、何とか4年間過ごして来れました。
物は考えようで気持も変わりますね。
今は余計な事を考えず、目の前に有る状況を必死になって取り組んで行くようにすると、毎日疲れからか、床に就くと爆睡していますo(〃^▽^〃)oあははっ♪
一度、死ぬ気になると何だか怖い物が少なくなって来た様に思います。
これから先はどうなる事か、誰にも分からないのだから、自分自身が一生懸命頑張るだけだと思うと、悩みも減った様な気がします。
好きな写真を撮って、皆さんに見てもらえるだけでも幸せな事だと思います。
ブログは、自分の生きて居る証の様な気がしてきました。
いつも応援コメント頂き、本当に嬉しいです。
ありがとう~
Commented by haru123fu at 2013-11-16 20:55
♪♪ あーちゃんへ
あーちゃんのコメントを読みながら、訳もなく涙が出てきました。
♪なんでだろ~、なんでだろ~♪ ふざけてみても、やっぱり涙です。
>一度、死ぬ気になると何だか怖い物が少なくなって来た様に思います。
そうですよね。そうなんだ。私だって死のうとした時のことを思い出せば。。。
>自分自身が一生懸命頑張るだけだと思う
それを忘れたら、また大きな間違いを犯してしまう。

私はブログは仮想空間ではないと思っています。
そこにあなたがいて、ここに私がいる。だからこそ成り立っている世界でしょう?
あーちゃんがいるからお話しできる。あーちゃんがいるからステキな写真もお借りできる。
写真に息吹き注ぐように、ブログにも息吹を与えてくれている。
そんなあーちゃんを尊敬します。感謝します。
そして、多くの仲間たちと悲しみも喜びも分け合えているこの空間と
仲間に感謝します。
あーちゃん、こちらこそありがとです。身体だけは気をつけてね。(^_-)ニコッ
Commented by 春待ち りこ at 2013-11-16 23:37 x
おぉ~♪haruさん、早速朗読していただいて
ありがとうございます。
バラバラの想い出を並べて、詩にしてみましたが
haruさんの朗読で。。。一つの物語のように感じられました。
凄い!!!
波の音、いいですね。
素敵に仕上げてくださって、感謝です。
ほんとにほんとに、ありがとうございました♪
Commented by ふらり at 2013-11-17 00:39 x
こんばんは^^
味わい深く、心に響く朗読でした。
出会いと別れ。
意識せず訪れるもの。

出会いたる 希望と挫折 明日の糧(かて)
明るい出会いに ( ^_^)/□☆□\(^-^ )
Commented by haru123fu at 2013-11-17 09:51
♪♪  春待ち りこ
こちらこそ、ステキな作品をありがとうございました。
どうしても、声が出づらいのですが、そんな声でも朗読を許可してくれて
ありがとです。
やっぱり持つべきものは友ですね。
りこさんのところで、この作品を読んだときにはビックリしました。
こんな風に構成されているなんて。(@_@;)長編小説を読んだような感覚でした。
そして、朗読してみてその凄さがわかりましたよ~!
いつもありがとです。またよろしくで~す。
Commented by haru123fu at 2013-11-17 10:00
♪♪ ふらりさんへ
おはようございます。もう起きたかな?
やはり、会うは別れの始めでしょうか。。。意識させずに自分の横を
通り過ぎて行った人の顔を思い浮かべる時間も必要なのかも知れません。

ふらりさんは、今日のお休みはなにをするのかな?
そちらはまだ、行楽日和でしょうかね。いつもコメントありがとです。(^_-)ニコッ
Commented by curatortome at 2013-11-17 22:03
法事で一泊留守にしました。
10年以上も介護されていた伯母が亡くなり、むしろ悲しみより安堵の葬式でした。
その通夜の席で自殺した叔父の話も出ましたね。
そういうもんだ、としか言いようがありません。
Commented by haru123fu at 2013-11-17 22:57
♪♪ Tome館長さんへ
そうでしたか。いよいよ覚悟を決めて彼女をむかえに。。。。?!
なんちゃって、ちょっと焼き餅焼いたぐらいにして。(=^・^=)エヘヘ!
影の声……お前に焼き餅はムリだろうに。ポカッ (._+ )☆\(-.-メ) ォィォィ
はい!そうでした。でもTome館長さんが帰ってきた。お帰りなさい。です。です。