ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

薄暮の部屋/青猫より 萩原朔太郎 朗読・動画 haru

Tome館長さんの抽象画をお借りして、萩原朔太郎氏の作品青猫を再び朗読してみました。画像・BGM・声の調子で同じ作品でもまるて違うような雰囲気になるものですね。039.gif
体調はどうもイマイチで、明日は病院へ行ってきます。045.gif

        青猫より『薄暮の部屋』 作 萩原朔太郎 作画 Tome館長

        
[PR]
by haru123fu | 2013-12-03 18:21 | 朗読・動画 | Comments(10)
Commented at 2013-12-03 19:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haru123fu at 2013-12-03 19:55
♪♪ 鍵コメさんへ
ありがとうです。一人ではないので、よく考えてお返事しますね。
Commented by 減二 at 2013-12-03 22:05 x
haruさん、ご無沙汰しております。現在私はどっぷり浸かってFacebookを閲覧している状態です。
最近、FBで表現人の会http://anti-secrecy.jimdo.com/
というのが発足し、署名活動を呼びかけているのですが、
私としては下記理由により署名はできませんでした。

「私は特定秘密保護法案阻止の活動については疎外するつもりはない。むしろ賛成する。しかし、音楽に限っては、表現の自由が政治的意思決定に関与する限り、賛同できない。教育現場では、音楽に政治的意思を持ち込んでよいのかどうか、判断する材料としてはサンプルとして必要であると考えるが、音楽を情操の一貫と捉え、思想を刷り込むための手段として活用されることは、望ましくないと考えた。しつこいだが、これは私の意見であくまで音楽に限ったことであり、様々な活動を妨害するものではない。」

こちらの方々は文学等精通していると考え、ご意見をお伺いいたしたく、
ご連絡いたしております。皆様にもぜひ宜しくお願いいたします。
Commented by curatortome at 2013-12-03 22:31
なるほど、心臓の鼓動をイメージしましたね。

減二さんの話、詳しく調べる意欲が湧かず、判断しかねますが、野放しの表現の自由は迷惑でもあり、国であれ個人であれ、まったく秘密を持てない状態は不自然ではありますね。
Commented by haru123fu at 2013-12-03 23:24
♪♪ 減二さんへ
お元気そうで、良かったです。私は相変わらず病院と縁が切れず、
痛みや浮腫と戦っています。
ごめんなさい、自分のことで精一杯で、まるで意見を持ち合わせていません。重ねてごめんなさいね。
Commented by ふらり at 2013-12-03 23:26 x
こんばんは^^
恋人という響きがいいですねぇ。

想い人 思い募らせ 日が暮れる
善き人に ( ^_^)/□☆□\(^-^ )
身体と相談して、無理せずにね^^
素敵な夢を、おやすみなさい
Commented by haru123fu at 2013-12-03 23:27
♪♪ Tome館長さんへ
あ、わかってくださいましたか。(笑)
Tome館長さんの絵画が、まるで生きているように動いてくれて
満足、満足です。ありがとうです。m(_ _)m
Commented by haru123fu at 2013-12-03 23:39
♪♪ ふらりさんへ
恋人なんていた事がありません。(笑)
高校生の時も、私の部屋はクラスの男子のたまり場みたいで、
まるっきり、惚れた晴れたの経験がありません。
むしろ同級生の男子の恋愛相談にのっていたぐらいです。(笑)

惚れた晴れたが今や腫れただなんて、わびしいですね。(泣・笑)
はい!ふらりさんも素敵な夢を  ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)オヤスミナサイ
Commented by 減二 at 2013-12-04 02:55 x
haruさん、こちらこそごめんなさいです。
息子の状態が宜しくなくFBの閲覧をしていますが、
そこに政治的思想が介入してきて解決ができません。
私は10年来の骨の病気、むち打ち症もあり、
ずっと慢性的に痛いのです。体が腫れているような痛みです。
一時期激痛もありました。思うように生活ができないのですが、
いたいたい病の10分の一くらいかなぁと感じていますが、
日常生活が困難で、病気なのに見た目には病気と判断されません。
haruさん、病気に負けないでください。
私は日頃常々思うのですが、他の人たちは私より辛い人生があり、
それらの問題を見聞したり、様々な問題があり私の中では複雑なのです。
まぁ、あの私のバカ息子も何とかなるでしょう。
haruさんには、優しいお嬢様がいらっしゃいますので安心しています。
Commented by 減二 at 2013-12-04 03:17 x
あれっ!!しばらく来ない間に文字がでかくなってるょ(*´▽`*)??