<< 私のお魚/詩・画 海野久実 朗... いつものとおり/虎犇秘宝館より... >>

ダメよ。/Tome文芸館より 作 詩・画 Tome館長 朗読・動画 はる

         『ダメよ。』 Tome文芸館より 作 詩・画 Tome館長
                 ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        


あら、ダメよ。
まだまだ我慢して。

あせっちゃ、ダメ。


まあ、いやな目。
そんな顔、しないの。

ほんとに、もう。


ねえ、いい?
よーく考えてよ。

モノゴトには、裏と表があるの。

みんな、そうよ。
聞こえる声が、いつもホンネとは限らないわ。

そりゃ、信じるのは簡単よ。
でも、疑うのも簡単。


ううん。
そうゆーのじゃなくて。

踊ってるつもりで、踊らされてるような。


ああ、もう。
うまく言えないな。

とにかく、もっと想いをめぐらせて欲しいの。


ああ、ダメ。
ダメよ。

ホントにダメだったら!

[PR]
by haru123fu | 2014-01-08 13:53 | 朗読・動画 | Comments(10)
Commented by 北野大地 at 2014-01-08 14:18 x
haruさんがお参りの「唱えられた言葉」聞き留めましたよ。 あなたに幸せをもたらせますよ。神に誓って。(八百万の神)
たこ焼きも神の使いからいただきましたよ。
Commented by aps-atyan-new at 2014-01-08 15:44
はるちゃん こんにちは~
Tomワールド全開の作品に、はるちゃんの艶っぽい声が絶妙な作品ですね。
意味深で、想像を掻き立てられました(笑)
Commented by haru123fu at 2014-01-08 16:53
♪♪ 北野大地さんへ
おじゃまして、お参りまでさせて頂いて、ありがとうございます。
きゃー!ウレシイです。今年こそは、少し出歩きたいと思っています。
自分の身体と上手く付き合って行くつもりです。
Commented by haru123fu at 2014-01-08 17:18
♪♪ あーちゃんへ
どうも体調がいまいちで、太宰作品でどうしても朗読したい作品があるのですが、
なかなか息がつづきません。Tome館長さんの短い作品を朗読させて頂いています。
あまりいやらしくならないよう気をつけて朗読させてもらいました(≧∀≦)エヘヘ!
あーちゃんの撮る炎は、いつも素敵ですね。色んなものに見えます。
Commented by curatortome at 2014-01-08 17:31
あとから考えてみて、「バカなことしてたな」と呆れること、ありますよね。
枝葉の応急措置ではなく、根幹の全面改革をまず検討したいものです。
Commented by haru123fu at 2014-01-08 20:55
♪♪ Tome館長さんへ
根幹の全面改革をしてしまうと、面白くなくなってしまいませんか?
Tome館長さんの一人語りの作品大好きです。
二人で、ブログ村の注目記事上位を独占しましょう。(笑)
Commented by ふらり at 2014-01-08 23:04 x
こんばんは^^
そういえば 随分前は、ダメと言われることを
好んでやっていたようです。
結構ヤンチャでした。

無鉄砲 何も知らずに ヤンチャする
未熟な時期を顧みて ( ^_^)/□☆□\(^-^ )
Commented by haru123fu at 2014-01-08 23:25
♪♪ ふらりさんへ
私も若い時はヤンチャでしたよ。(~-~;)ヾ(-_-;) ナンデャネン.
誰にもそんな時期があるのでしょう。(そう思っているのは私だけ?)
今が健康ならまだヤンチャしてたかも。ヾ(-v-`;)オイオイ
二人の未熟な時期を顧みてですね。♪(*^^)o∀*∀o(^^*)オヤスミナサイ
Commented by larala at 2014-01-09 16:53 x
haruさん こんばんは~
新年のご挨拶に伺ったら、ダメよ、と言われた気分。
あんまり遅いから、ダメよ、と言われちゃった。

我慢しなさい、こんなのろまさんだから・・・ダメね。
物事には いろいろ都合というものが・・・・

haruさんの可愛い声聞いたらふざけてしまいたくなりました。

今年もよろしく~
Commented by haru123fu at 2014-01-09 20:48
♪♪ laralaさんへ
laralaさん、こちらこそよろしくお願いします。
そちらは、札幌よりも早く春がくるので、
また野山の景色楽しませて下さい。

laralaさんにとって、良い年でありますように。
<< 私のお魚/詩・画 海野久実 朗... いつものとおり/虎犇秘宝館より... >>