ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

君を置いて/Tome文芸館より 作 詩・画 Tome館長 朗読・動画 はる

        『君を置いて』 Tome文芸館より 作 詩・画 Tome館長
                  ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2014-01-12 16:11 | 朗読・動画 | Comments(4)
Commented by ふらり at 2014-01-12 16:21 x
こんにちは^^
置き去りにしたつもりが、置き去りに。。。。
できればともに行きたいもんです。

かげろうに つかの間見える あの別れ
紅茶にて ( ^_^)/□☆□\(^-^ )
Commented by haru123fu at 2014-01-12 16:47
♪♪ ふらりさんへ
きゃはは!そうですね。この時間だと紅茶で乾杯ですね。(笑)
>置き去りにしたつもりが、置き去りに。。。。
私もそうかもしれません。でも頑張りましょうエイエイオー!
紅茶で ♪(*^^)o∀*∀o(^^*) 風邪ひかないで下さいね。

Commented by curatortome at 2014-01-13 01:23
置いてかれた、のではなく、居残った、と言いたいところです。
結果は同じ、としても。
Commented by haru123fu at 2014-01-13 11:46
♪♪ Tome館長さんへ
ゆっくり生きると言いながら先へ先へと焦っています。
これも、置いてきぼりにならないためかなあ?(笑)
でもITの世界はどんなに焦ってもついていけず、技術が未熟です(泣)
せめて日本語で説明が書いてあればと。。。ポカッ (._+ )☆\(-.-メ) ォィォィ