ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

溶接面との対談/とつぜんブログより 作 雫石鉄也 朗読・動画 はる

この作品はとても難しかったです。まずは関西弁、イントネーションが分からない。それに知らない言葉が。
酒の肴のことをアテと言うんですね。かんとだき、これはおでんのことでしょうか。画像のかんとだきは、雫石さんがブログで紹介している画像を使わせていただきました。ああ、どて煮込みも知りませんでした。

昨日にひきつづき、酒場が舞台のお話です。朗読しながら、二件ハシゴした気分です。041.gif
そんなことより、まずは胃と食道を治さなくてはですね。それとも、もう一生分飲んでしまったのかも。005.gif

                        とつぜん対談 第62回 
       『溶接面との対談』 とつぜんブログより 作 雫石鉄也

                ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2014-02-18 16:24 | 朗読・動画 | Comments(6)
Commented by 雫石鉄也 at 2014-02-18 21:31 x
関西弁、違和感なく聞けましたよ。
関西の飲み屋の雰囲気がよく出てました。
渡りの職人が指を飛ばす、というのは本当です。私も、そんな話を聞きます、
「日鉄住金」は「にってつすみきん」です。新日鉄と住友金属が合併してできた会社なので「すみきん」です。
Commented by curatortome at 2014-02-18 21:36
溶接の仕事、リアルですね。
製造業の現場、「プロジェクトX」みたく、知られないところで苦労しておりますな。
Commented by ふらり at 2014-02-18 22:58 x
こんばんは^^
いい味出てまっせ^^
いやぁ~懐かしいです、生まれ育ったところがこんな雰囲気です。
町工場も経験しました。
居ましたよ、豪傑。

にぎやかに 声 音響く 裏長屋
郷愁に お茶で ( ^_^)/□☆□\(^-^ )
Commented by haru123fu at 2014-02-18 23:01
♪♪ 雫石鉄也さんへ
ありがとうございました。
なんとか朗読してみましたが、固有名詞を思い込みで読んでしまいました。
調べてから読むべきでした。ごめんなさいです。
考えてみると父も兄も住友が職場だったのに……((^┰^))ゞ テヘヘ
またどうぞよろしくお願いします。
Commented by haru123fu at 2014-02-18 23:08
♪♪ Tome館長さんへ
はい!苦労しました。(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
こんな狭い日本でも、東日本と西日本では、かなり雰囲気がちがいますね。
自身のないまま朗読のお願いをしました。
女は度胸で押しとおしました。(*^^*)ポッ
Commented by haru123fu at 2014-02-18 23:24
♪♪ ふらりさんへ
ああ良かった。ふらりさんにそう言ってもらうとホッとしました。
関西弁がかなり不安でした。
牛スジの煮込みの美味しいカウンターだけの小さな居酒屋をしっているのですが、
もう何年も行くことがありません。帰りには、よく漬物やおでん等をお土産にくれました。
その居酒屋を思い浮かべて朗読させてもらいました。

いつかそんな日が来ますように。♪(*^^)o∀*∀o(^^*)オヤスミナサイ。