ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

わたし、ロボット/まりん組・図書係 作 海野久実 朗読・動画 はる

海野さんのこの作品については、ナイショです。041.gif ぜひぜひ最後までご覧くださいね。

 『わたし、ロボット』 まりん組・図書係 作 海野久実
↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。


[PR]
by haru123fu | 2014-04-18 04:51 | 朗読・動画 | Comments(8)
Commented by curatortome at 2014-04-18 08:59
そうではないかとは思いましたが、それでも笑ってしまいました。
しかし、こんな娘でも父親は諦め切れないものですかね。
Commented by haru123fu at 2014-04-18 09:45
♪♪ Tome館長さんへ
お父さんが泣いていたのは嬉し涙だったのかも?なんて思ったりして。
ロボットの判断ミスではなかったのかな?
泣く=悲しいとインプットされていたのかもですね。
Commented by 海野久実 at 2014-04-18 20:17 x
はるさん、そこに座りなさい。
いいですか?
作品のタイトルは作品の顔と言っていい物ですからね。
「私、ロボット」ではなくて「わたし、ロボット」でしょ?
本文の「わたし」も最初は「私」だったのを「わたし」の方がいいかな~なんて思って変えたんですからね。
でもまあ、間違う方がはるさんらしくっていいですけどね。

うーむ、Tome館長さんにはオチを見破られちゃったみたいですね。
その心配は感じていました。
ショートショートを読み慣れている人にはわかってしまうかもな~と。
でも笑ってもらったようで、それはそれで大成功。
実は僕もこの朗読の最後を聞いて笑ってしまいました。
いやいや、朗読も大成功ですね。
Commented by 海野久実 at 2014-04-18 20:19 x
あ、なるほどね。
>お父さんが泣いていたのは嬉し涙だったのかも?
はるさんするどい。
作者よりも真実に近づいているかもしれませんね。
Commented by haru123fu at 2014-04-18 21:02
♪♪ 海野久実さんへ
えぇ~っ!いつタイトル変えたのですか?うそー!
はい!もっか正座中(ウソピョ~ン)
本文が変わったのはわかりましたが。もう……ブツブツ(笑)
あ、でも間違った方が私らしいですね。(;^ー^)σ"⌒☆ デコピン!

あれっ?私はロボットがうれし涙が分からなかったのかと思っていました。
だって、本当の娘まるでヤンキーじゃん。でもこのお話もの凄くおもしろかったで~す。
朗読もできる限り騙そうとして読んだので楽しかったです。ニャハハ(*^▽^*)
また朗読よろしくで~す。
Commented by 海野久実 at 2014-04-18 21:35 x
はるさん、そこに座りなさい。
タイトルは初めから「わたし、ロボット」ですよ。
ブログにアップする前に本文の「私」を「わたし」に直して、この方がいいかなと言う事でアップしたんです。
その証拠に。
ブログ村では一度アップすると、最初にアップした時のタイトルがそのまま残りますね。
後から直しても反映されません。
どうだ~(笑)
作品の枚数が、後から書きなおして増えてしまって修正しても前のままになっちゃうんですよね。
ウソだと思うなら、趣味動画のはるさんの最新記事のタイトルを見てごらんなさい。
「私、ロボット」のままですからね。
はい、僕のかち~
Commented by 海野久実 at 2014-04-18 21:42 x
さらに書けば、3月22日の僕の作品を朗読してくださった「旅立ち」はブログ村ではあの時のまま海野久美になってますからね(笑)
でも、はるさんが時々間違ってくれると、こうやって冗談半分のやり取りが出来て楽しいのです。
これからも宜しく。
Commented by haru123fu at 2014-04-18 22:57
♪♪ 海野久実さんへ
あちゃー!そんなところに証拠が残っているとは……やられたー!
さすがに海野さん!って感心してる場合ではない…けど……
うわ~っどうにも反論できましぇ~ん。o(^▽^)oキャハハハ

なにやってるのブログ村 (-""-;)ムム・・・
なあ~んて開き直ってもダメかぁ~……さすがに小説を書く人はちがいますね。
私も海野さんとこうしてお話できて楽しいで~す。
これからも、私らしくいっぱい間違いますのでよろしくです。(笑)

そうだ!ユーチューブ投稿681作品になります。(消えたデータ別で)
今まで気にもしてなかったのですが、一日に5・600人がどれかを再生してくれています。チャンネル登録も増えてきています。外国人まもでびっくりです。
700作品目は、海野さんとTome館長さんの作品を朗読させてもらいたいで~す。
そのつもりで、お願いしますね。よろしくです。(._.)ペコリ