ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

迷子/ありがとうはまほ(う)のことばより 作詞 まほ

『迷子』ありがとうはまほ(う)のことばより 作詞 まほ
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

写真撮影 写真に息吹注げたら・・・より APSあーちゃん



「迷子」

ことばが
むなしく宙を舞う

行き場を失くして
迷子になっちゃった

ほんとうは
あなたのこころに
すっぽりと
入りたかった

いいんだよぅ
無理に
うなずかなくっても

お願い
無理して
笑わないで

[PR]
by haru123fu | 2014-05-20 16:55 | 朗読・動画 | Comments(7)
Commented by curatortome at 2014-05-20 17:33
イメージさえあれば言葉はなんとでもなりますが、言葉に頼ってイメージを後まわしにしていると、同じところを堂々巡りしやすいですね。
Commented by mahorou at 2014-05-20 17:58
haruさん、こんばんは。
この詩を朗読いただけありがたいです。
昔、言ってしまってから言わなきゃよかった・・・と
思った体験があって、
時々そういう気持ちになり悩みます。
でも引きずることなく、立ち直りも早くなってきました。
どうしても無関心でおられなく言うわけですが、
自分の気持ちの消化だけに終わってはいけませんね。
わたしイコールあなたではないと意識していても、
自分の至らなさがでてしまいます。

明日にでもリンク貼らせて紹介させていただきますね。
いつも朗読くださって、ありがとうございます。
こういう思いの人間もいるし、
悩むことは決して駄目じゃないと言いたいです。。。
Commented by haru123fu at 2014-05-20 19:47
♪♪ Tome館長さんへ
何もいじっていないのに、突然字が大きくなってしまいました。
なんでだろうなあ~?
なるほど、ついつい言葉に頼りがちになり、イメージを後回しにしやすいですね。
まほさんの詩はいつも実体験が元になっているので、すんなり心に入ってきます。
Commented by haru123fu at 2014-05-20 19:58
♪♪ まほさんへ
いつもありがとうございます。
ありますよね。言ってしまってから、言わなければ良かったと思うこと。
いろんな人生経験が積み重なって、私などはどちらかと言うと、
開き直っているような。(笑)

まほさんのこの詩、とても好きだなって思いました。
まほさんの詩とあーちゃんの写真は、お似合いだなって思います。
きっとお二人とも優しいと言う共通点があるからなのでしょうね。
Commented by 海野久実 at 2014-05-21 09:50 x
>言葉がむなしく宙を舞う
なるほど。
「紙風船」を持って来たい感じはわかります。

 私の言葉は紙風船
 あなたに向かって打ち上げる
 まだ届かないのに落ちて来る
 まだ届かないのにしぼんでしまう
  もういちど
    もういちど
 息をいっぱい吹き込んで
 前よりもっとふくらませ
 紙風船は手のひらの上
 打ち上げようかどうしようか
 私はいつも迷ってしまう
Commented by haru123fu at 2014-05-21 21:41
♪♪ 海野久実さんへ
久しぶりの海野さんの詩ですね。
せっかくなので、コメントではなくて作品として扱わせていただいてもよろしいでしょうか?
Commented by 海野久実 at 2014-05-22 00:36 x
あ、いいですよ。
コンんなものでも良かったら。
そうだな〜
タイトルは一行目をそのまま使いましょうか。