ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

『うすやみ』 作詩 萩原朔太郎 朗読・動画 はる

寒くなりました。明日早朝初雪かもと天気予報が出ています。一年ぶりの雪だるまマークです。
そろそろ腹を括らなければなりません。はてさて、雪か?雨か?042.gif

『うすやみ』 作詩 萩原朔太郎


[PR]
by haru123fu | 2014-10-22 00:36 | 朗読・動画 | Comments(6)
Commented by curatortome at 2014-10-22 01:18
「心」を「芯」の意味で「しん」と詠むべきか、それでは「こころ」が見過ごされそうで、朗読の悩ましいところですね。
Commented by haru123fu at 2014-10-22 02:04
♪♪ Tome館長さんへ
そうですね。萩原朔太郎氏の書く文章は難しいです。
この場合状況的には「しん」とよむべきか?でも心情的には「こころ」かなと思いました。

とこらで、私の友人たちが、「東京都老人クラブ」の第二弾は出ないのかと聞いてきます。でも難しいですよね、
Commented by curatortome at 2014-10-22 08:57
そのまま歌うだけのカラオケ・デュエットは投稿したくないですね。
はるさんが歌いたい曲があって、それを替え歌か、面白いアレンジできそうなら、考えなくもありません。
Commented by haru123fu at 2014-10-22 21:01
♪♪ Tome館長さんへ
ありがとうございます。
当然替え歌のTome館長さんの作詩が受けています。
普通では面白くないですね。
Commented by 減二 at 2014-10-22 22:00 x
私は、詩人等、もっぱらわきゃんけれど、
後輩というか、作曲家の藤田友人先生が、
一時期的に私のお友達になり、私に対して激しく激怒していてきょわいです。
自分がせっかくやる気になっていたのに、私が邪魔をしたとか!!
黛なんだらっていゆ作曲家に傾倒しており、中原中也の全集も買い集めており、いや、それはそれでいいんじゃないの、と思うけれど
古い世代にしがみ付いて生きていくのもよかれきゃな。
新しい世代を生きなければならないのであれば、むつかしい話です。
私は東邦ですが、そいつは東邦と高崎音大を卒業しており、もうなくなった高崎音大を大切にしているようです(推測)。まぁ、しゃないと思い、、詩等については
私より詳しいかと。
Commented by haru123fu at 2014-10-23 01:12
♪♪ 減二さんへ
私も詩は難しいと思います。詩を朗読するのはもっと難しいです。
今回もこれでよいのかどうか迷っています。
詩の場合行間にも意味があるような気がしています。
作者がどんな気持ちで書かれたのか、あるいは間の取り方でそれを
表現したいと思うのですが、やっぱり難しいですね。
お恥ずかしいばかりです。(#^^#)