<< 鳥にでもなろうか 夕暮れ時に踊れない >>

さようなら

『さようなら』 作 雫石鉄也
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。


海神シリーズでは、初めてのセリフのみの作品だと思うのですが。一人二役が上手く出来たかどうか心配です。ごく普通に自然な流れでと心して朗読させてもらいました。012.gif
[PR]
by haru123fu | 2016-09-25 23:05 | 朗読・動画 | Comments(6)
Commented by curatortome at 2016-09-26 14:19
最初の客が、そのお得意の担当者だったりしたら、いかにも話を作り過ぎなんでしょうね。
Commented by haru123fu at 2016-09-26 18:39
♪♪ Tome館長さんへ
男同志の会話が、とても難しかったです。二人のキャラを
もっと上手に朗読できていたら自然だったのかも。
朗読ではなく原作だと不自然さを感じさせない良い作品でした。
でも、ガンバルぞ~!(笑)
Commented at 2016-09-26 20:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 雫石鉄也 at 2016-09-26 22:05 x
朗読、ごくろうさまでした。
男二人の会話、違和感なく聞けましたよ。
海神最初の客のエピソードはいづれ書きたいと思ってます。
Commented by haru123fu at 2016-09-26 22:11
♪♪ 鍵コメさんへ
ありがとうございます。
それもステキですね。
楽しみに待っています。
Commented by haru123fu at 2016-09-26 22:20
♪♪ 雫石鉄也さんへ
ありがとうございます。
そう言って頂きホットしています。
海神も30年が経ったのですね。時の流れの早いこと。
最初の頃の海神を知らないので、凄く楽しみです。
いずれ朗読させてもらいたいです。
ありがとうございました。
<< 鳥にでもなろうか 夕暮れ時に踊れない >>