<< 子もりうた 小川未明 手紙 一 宮沢賢治 >>

母 八木重吉

『母』 八木重吉



私の母もとても小さくなって、まるで子どものような気になる時があります。
私がこんな体でなかったら、施設暮らしをすることもなかったのにと思うと、チョット心が痛みます。今は雪で娘婿の休みでなくては行けませんが、雪が解けて無くなると、ひとりでも行くことが出来そうで、やっぱり春がとっても待ちどうしいな。056.gif
[PR]
by haru123fu | 2017-02-24 21:10 | 朗読・動画 | Comments(4)
Commented by curatortome at 2017-02-24 22:44
近頃、私も老母の世話する前に、自分を維持する自信すらなくなっています。
Commented by haru123fu at 2017-02-25 11:41
♪♪Tome館長さんへ
今は母の所へは一週間に一度しか行くことが出来ません。
雪が無くなれば、車椅子で自分の行きたい時にいけると、
首を長くして春を待っています。
Commented at 2017-02-25 14:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haru123fu at 2017-02-25 20:11
♪♪鍵コメさんへ
いつもありがとうございます。
3月3日、楽しみにしていますね!

<< 子もりうた 小川未明 手紙 一 宮沢賢治 >>