ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

帰れる Tome文芸館

帰れる Tome文芸館より 脚本・映像・音響 Tome館長

↑リンクを貼らせて頂いています。原作へもお訪ね下さい。




[PR]
by haru123fu | 2017-06-25 20:09 | 朗読・動画 | Comments(2)
Commented by curatortome at 2017-06-25 22:54
昔の職場が夢の舞台になるということは、当時の未解決な問題が今でも心にくすぶっているのかもね。
Commented by haru123fu at 2017-06-26 19:23
♪♪Tome館長さんへ
ようやくコメント機能が治ったようです。
2日もかかりました。