<   2012年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

節分に向けて/虎犇秘宝館より 作 矢菱虎犇 <朗読・動画>

子どもの頃には、節分に恵方巻を食べる習慣などなかったのですが、いつの間にか北海道にもそんな習慣が。
まあ、美味しいものを食べるのは良いことと、我が家も節分には恵方巻作りとなりました。
そんな節分がもう目の前。皆さんは、どうやって鬼を追い払い福を手に入れるのでしょうか。031.gif
節分にピッタリの矢菱虎犇さんのショートショートを読ませていただきました。041.gif

             『節分に向けて』 虎犇秘宝館より 作 矢菱虎犇 
                  ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2012-01-31 16:28 | 朗読・動画 | Comments(4)

三神/ショート・ショート

f0227323_13404943.gif三人の神様がおりました。
一人は疫病神、一人は貧乏神、そしてもう一人は死神でした。

この三人の神様は、それぞれ自慢話をしていました。

疫病神は、とんでもない災いを人間達にもたらしたと、さも得意げに話します。
貧乏神も負けてはいません。
日本中を赤字でいっぱいにしたのは自分だと威張って申します。
死神ももちろんのこと、三万人以上もの自殺者の魂を、あの世に導いたのは俺様だと、胸を張って自慢します。

自慢話に花が咲き、
お互いに自分が一番だと一歩も譲りません。
いつしか言い争いとなっていきました。

自慢話はますますエスカレートしていきます。今にも殴り合いに発展しそうな勢いです。

それを見ていた亡霊達がそれぞれのサポーターとなって周りでワイワイとはやし立てます。
亡霊達に応援されては、どの神様も引き下がることができなくなり、ついには罵りあいや殴り合いに発展していきました。
三人の神様は、互いに大声で争いつづけて、とうとう声も出せないくらいに疲労困憊して倒れこみ、
起き上がることができなくなってしまいました。

それを見届けた、仏様が「よし、よし、これで今年は人間にとって良い年になるだろうさ。」とつぶやきました。
[PR]
by haru123fu | 2012-01-30 14:04 | ショート・ストーリー | Comments(12)

吹雪が残していったもの

                                   f0227323_111305.jpg


今日は雪も止んで曇り空。
昨日の雀たちも元気な様子です。寒かっただろうにがんばったね。066.giff0227323_1114820.jpg







そして私のPCルームの窓。007.gif
やっぱり来ました。3階とは思えないいつもの雪。
あれれ。去年よりも少ないかな?!でもでも、
まだ一月。油断大敵。
とはいえ自然現象はどうしようもない。042.gif
[PR]
by haru123fu | 2012-01-29 11:54 | 今日のわたし | Comments(4)

猛吹雪

f0227323_1510941.jpg

[PR]
by haru123fu | 2012-01-28 15:11 | 今日のわたし | Comments(8)

メロン/未来からの手紙つづき

海野久実さんの「未来からの手紙」つづきを書きました。
↑ リンクさせていただいていますので、そちらから先にご覧下さい。
海野久実さんへ 勝手にリンクしてつづきを書いてしまいました。ごめんなさいです。040.gif

その手紙は、ある大学の物理学教授の目の前、彼の机の上に突然現れた。
封を切ると一枚きりの便せんに、こう書かれていた。

これは未来から来たチャレンジです。
次のしりとりの答えをタイムマシンを完成させてから十年過去へ送ってください。
タイムリミットは手紙を受け取ってからきっかり一年後です。
歴代物理学教授の名誉にかけて!
  
      メロン

教授は助手にその手紙を見せた。助手は手紙を手にするとわなわなと震えた。
教授は面白そうに助手を見つめていた。そしておもむろに

「これは、十年先の未来からの手紙だ。私の退職後、次の教授は君に決めていたが、どうやら君は自分の手で、このしりとりを終わりにしてしまうようだ。こんな単純ミスをする君を教授に推薦することはできないな。」
と教授はキッパリと言った。

助手は、その癖のある筆跡から自分のおかしたミスであることを否定できなかった。
未来が変わった瞬間だった。

f0227323_19124899.gif

[PR]
by haru123fu | 2012-01-27 19:18 | ショート・ストーリー | Comments(6)

足跡/詩 <動画>

        
[PR]
by haru123fu | 2012-01-26 15:29 | | Comments(10)

踊れや踊れ/Tome文芸館より 作 Tome館長 <朗読・動画>

     つい一緒に踊りたくなったTome館長さんの作品です。
     笛や太鼓の音が聞こえてきそうな画像。ふんわりふわふわと。老若男女がみんなで輪になって。
     でも……そこは???004.gif

           『踊れや踊れ』 Tome文芸館より 作 Tome館長
                ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。        

        
[PR]
by haru123fu | 2012-01-25 13:42 | 朗読・動画 | Comments(6)

岩との対談/雫石鉄也のとつぜんブログより 作 雫石鉄也 <朗読・動画>

雫石鉄也さんの対談相手が、え!岩?! 005.gif  さて、岩だけになかなか応えてもらえないのでは?
だって「いわない」。。。ありゃりゃ寒いおやじギャグでした。そんな心配をよそに対談がはじまりますよ~
岩をよく見ると、口をへの字に曲げているように見えませんか? 041.gif


       『岩との対談』 雫石鉄也のとつぜん対談より 作 雫石鉄也
                 ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        
[PR]
by haru123fu | 2012-01-23 17:30 | 朗読・動画 | Comments(8)

鈴なりじゃなくて雀なり?!

f0227323_18252198.jpg
       寒~い!です。ほら、スズメが電信柱に鈴なり。これがホントのすずなり?
       じゃなかった。雀なり!電信柱や電線は、電気が通っているから暖かいの???046.gif
[PR]
by haru123fu | 2012-01-21 18:40 | 今日のわたし | Comments(10)

麦わら帽子/虎犇秘宝館より 作 矢菱虎犇 <朗読・動画>

              『麦わら帽子』 虎犇秘宝館より 作 矢菱虎犇
                  ↑ リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。

        

麦わら帽子と聞くと「母さん、僕のあの帽子どうしたんでしょうね…」の人間の証明を、思い出しました。
矢菱虎犇さんのこのお話も、どこか切なさを感じました。子どもの時に体験したできごとが心の奥底に眠っていて、大人になってもときおり夢となって現れる。決して彼のせいではないのに、一緒に帰らなかったと言う後悔がいつまでも自分自身を責めさいなむ。そんな風に私は感じましたが、みなさんはいかがだったでしょうか?
[PR]
by haru123fu | 2012-01-20 12:22 | 朗読・動画 | Comments(10)