<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

選択

選ぶと言うことは、人間としての特権ではないだろうか。そんな事を思わせる出来事が起きた。

 裕子の携帯が鳴った。名前を見る。従姉の恭子からの電話だった。
いつものように「もしもし元気かい?」と明るく尋ねる。
ちょっと口ごもる返事。次ぎに出た言葉は「ごめんね。」だった。その後に続く言葉は、裕子の姉のような存在だった従姉の雅子の死を知らせる言葉だ。恭子は、雅子に誰にも知らせないよう固く口止めされていたことを説明しながら謝る言葉が続く。恭子は雅子の妹である。

とても信じられない。裕子は十日ほど前に雅子に電話を入れていた。いつも通り明るい声でみんな元気にしているとの返事を思い出す。ところが、恭子が言うにはもう2年も前から乳がんが見つかり闘病生活をしていたとのことだった。癌が見つかった時は、摘出手術がまだ可能だったようだ。ところが人間の持つ自然の治癒力を信じた雅子が選んだのは徹底した食品管理による東洋医学だ。

ますます信じられない話だ。なぜ?どうして?そんな疑問が雅子の死の悲しみよりも、驚きとしてしか受け止めることができない。生涯独身を通し、信仰心が深く、人のためにつくし、いつも明るく元気で、はつらつとした雅子だった。

裕子の住む街は札幌だ。大急ぎで、雅子の住む小樽へと駆けつける。
あまりにも変わり果てた雅子の遺体が横たわっていた。表現するならば、まるで即身仏のような姿であった。信心深い彼女らしい姿だった。この時初めて裕子は雅子の死を実感せざるおえなく悲しみに涙した。

人には生きる道を選び歩いて行かなくてはならない節目が、意識しようと、しまいと何度となく訪れる。例え人に言われたことであれ、決めたのは自分自身である。それが人間に与えられた特権ではないのかと裕子は思った。
もしも、雅子がメスを入れるのにまだ間に合う西洋医学を選んでいたとしたらその命はまだまだ尽きることが無かっただろう。しかし、まるで即身仏のような姿にはならなかったのかもしれない。そう思うことで、裕子は自分自身を納得させようと繰り返し思うのだった。
[PR]
by haru123fu | 2015-06-29 20:45 | ショート・ストーリー | Comments(4)

風鈴の音/りんのショートストーリーより 作 りんさん 朗読・動画 はる

『風鈴の音』りんのショートストーリーより 作 りんさん
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。



静かな時の流れの中に人の優しさを感じて頂けたらと思います。032.gif
[PR]
by haru123fu | 2015-06-28 13:03 | Comments(4)

ねんねこねんねこ

f0227323_20284753.jpg
すやすやお休み中です。
この寝顔に癒されています。
自分のベッドではこんなに穏やかに寝ているのに・・・私のPCの前ではやはり悪気があるのでは・・・?
[PR]
by haru123fu | 2015-06-27 20:38 | 今日のわたし | Comments(2)

おじゃまねこ

f0227323_22543021.jpg

PCを使おうとすると、そらがなんとまぁこの状態です。おかげでキーボードが使えません。
ここで寝なくても、きちんとベッドがあると言うのに。。。!
毎日がこの状態です。あっ!また来た!007.gif008.gif
[PR]
by haru123fu | 2015-06-24 23:09 | 今日のわたし | Comments(6)

『始まらない物語』Tome文芸館より 作 詩・画 Tome館長 朗読はる

『始まらない物語』Tome文芸館より 作 詩・画 Tome館長
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。


自分自身が自問自答しているような今の私の気持ちが代弁されているような作品に惹かれました。
[PR]
by haru123fu | 2015-06-20 22:57 | 朗読・動画 | Comments(2)

姥捨 太宰治 朗読 はる


[PR]
by haru123fu | 2015-06-14 10:40 | 朗読・動画 | Comments(2)

ありがとうはまほ(う)のことばより 詩集特集(HPより)

まほさんの詩集です。沢山ある詩の中からお借りしてHPに掲載させてもらったものです。
画像にリンクを貼らせて頂いています。ぜひご覧下さいませ。040.gif040.gif

f0227323_22204243.jpg

[PR]
by haru123fu | 2015-06-09 22:32 | 朗読・動画 | Comments(2)

特集 夏目漱石 夢十夜 HPより

夏目漱石「夢十夜」が十話全部この1ページに詰まっています。haruの朗読の部屋(HP)で特集を組んだ1ページです。リンクを貼らせて頂いていますので、よろしければぜひご覧下さい。040.gif040.gif

f0227323_17272376.jpg

[PR]
by haru123fu | 2015-06-08 17:42 | 朗読・動画 | Comments(2)

そらがいない!

 小雨のような雨が降るともなく降っていた木曜日の午後。
 私のシャンプードレッサーの取り換え工事が入り、冷蔵庫の上に三段に重ねた猫タワーで寝ていたはずのそらの姿が見えなくなりました。
 「そ~ら~!」と呼ぶとどこにいても顔を出すはずのそらが、いくら呼んでも姿を見せません。
 心配になった私は友人に電話をかけ、飛んで来てもらい家の一階から三階まで、全部見てもらいました。勿論ベッドの下から棚の上。ありとあらゆるところを探してもらいました。
 それなのにどこにもいません。ふっと頭に浮かんだのが外。まさか外に出たのでは?の疑問が膨らんできました。
 外には一度も出したことがありません。勿論ペットショップでも、お医者さんにも家猫は絶対に外に出してはいけないと言われていました。
 外に出るには、まず玄関前のガラス戸、そして玄関、そしてその先のフードの戸(北海道では良くある作りです。)この三つの関門があるわけですが、当日は商品の搬入やらなにやらで、上手くすり抜けると外に出ることが出来たかも・・・?そう思うと悪い方へ悪い方へと考えがどうしても行ってしまいます。
 私もじっとしていられなくなって、車いすでご近所の塀の間や家と家の隙間を見つけては「そ~ら~!」と呼んで歩きました。もしかしてカラスにつつかれたり、車に轢かれていたらどうしよう。そんなことばかりが浮かんできますが、猫の子一匹見当たりませんでした。
 そうこうしているうちに取り付け工事が終わり、業者さんも心配そうに「いたかい?」と尋ねてくれました。娘にどう告げたら良いものか、もう娘が帰ってくる時間が近くなり、友人がとにかく迎えに行ってくると言って車で出かけ、鉛を飲み込んだような私が一人静かになった家の中に取り残されていました。
 そしてもう一度「そ~ら~!」と大声で呼んでみたら、なんと階段の上にちょんと座ってこちらを見下ろしているではありませんか。てっきり外へ行ってもう帰る家が分からなくなってしまっているとばかり思い込んでいた私の目にその姿が飛び込んできました。
 急いで娘に電話をかけ「そら」が家の中にいたことを告げると、もう車は玄関前まで来ていました。駆け込んできた娘は「そら」を抱き、ほっとしたようでした。
 冷静になってよく考えてみると、工事の音が怖くてどこかに隠れていたようです。でも、どこに隠れていたのかは今もって謎のままです。
[PR]
by haru123fu | 2015-06-07 22:59 | 今日のわたし | Comments(8)

サクランボ

f0227323_23274160.jpg
サクランボの実がほんのり頬を染めています。
今日はとっても冷たい雨が降っています。でも、野菜にはきっと優しい雨かなぁ~なんて呑気に外を眺めていました。実のなる木や野菜の苗は楽しみです。私の毎日には変化はありませんが、庭は確実に日一日と変化してますよ~!043.gif
[PR]
by haru123fu | 2015-06-04 23:46 | 今日のわたし | Comments(4)