ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

鳥にでもなろうか

『鳥にでもなろうか』 作 ありがとうはまほ(う)のことばより 作 まほ
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。


[PR]
by haru123fu | 2016-09-29 01:13 | 朗読・動画 | Comments(2)

さようなら

『さようなら』 作 雫石鉄也
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。


海神シリーズでは、初めてのセリフのみの作品だと思うのですが。一人二役が上手く出来たかどうか心配です。ごく普通に自然な流れでと心して朗読させてもらいました。012.gif
[PR]
by haru123fu | 2016-09-25 23:05 | 朗読・動画 | Comments(6)

夕暮れ時に踊れない

 『夕暮れ時に踊れない』 作 Tome館長
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。



子どもの頃、薄暮の時間帯は一人でお留守番が、とっても淋しかったのを思い出しました。
とっくに忘れていたそんな思いを思い出させてくれた作品でした。
その時に帰りを待ちわびていた母は、いまはもう別人になってしまいました。
[PR]
by haru123fu | 2016-09-22 11:37 | 朗読・動画 | Comments(2)

ほのぼのライブin札幌豆工房

先週の日曜日、「ほのぼのライブin札幌豆工房」へライブを聴きに行ってきました。
色々な方がギターの弾き語りをして下さって、美味しいコーヒー頂きながら、昔を思い出しギターが弾きたくなりました。勿論私の指では無理なことですが、ナイロン弦ならもしかして練習すればなんて馬鹿なことを考えたり、夢の世界でした。016.gif
下の写真が私がファンになってライブへと誘って下さったかっぱさんです。

f0227323_2293899.jpg

[PR]
by haru123fu | 2016-09-20 22:32 | 今日のわたし | Comments(2)

ドーナツ

『ドーナツ」 まりん組・図書係より 作 海野久実
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。



この作品を読んで、私はオゾン層がどんどんと壊れて行くような気がしました。
さて、あなたはなにを思いましたか?感想を聴かせてくれたらウレシイなっ!045.gif
[PR]
by haru123fu | 2016-09-16 21:57 | 朗読・動画 | Comments(4)

セミの鳴く夏

『セミの鳴く夏』 作 雫石鉄也
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。


久しぶりに私にとっては長編です。途中かんだり、間違ったりしているかもしれません。
その辺は大目に見て下さいね。056.gif
[PR]
by haru123fu | 2016-09-13 17:39 | 朗読・動画 | Comments(4)

たのしくやろう

『たのしくやろう』 あろがとうはまほ(う)のことばより 作 まほ
 ↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。



たのしくやろう!って、いい言葉ですね。まほさんの詩の中にはキラキラ光る言葉があふれています。058.gif
[PR]
by haru123fu | 2016-09-11 23:42 | 朗読・動画 | Comments(4)

チャンス

『チャンス』 Tome文芸館より 作 Tome館長
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。


今だ!これがチャンスだ!なんてぼーっとしている私にわかるのかな?
そっか!続けられる事に頑張るときっとチャンスがつかめるんだろうな。
私は今、二本杖で歩けるようになることが夢です。
「一歩の道」の詩はその練習の様子を書いたものです。頑張るならそんな夢を持って少しずつ
頑張りたいものです。
[PR]
by haru123fu | 2016-09-09 21:40 | 朗読・動画 | Comments(2)

毎日ネコノミクス

  『毎日ネコノミクス』 りんのショートストーリーより 作 りんさん
↑リンクを貼らせて頂いています。原作はこちらからどうぞ。



もぐらさんとはるの掛け合い朗読です。
出演 もぐらさんちのかんちゃん&チップ君。そしてうちのそらでした。012.gif
[PR]
by haru123fu | 2016-09-08 18:18 | 朗読・動画 | Comments(4)

一歩の道

  「一歩の道」    

 だめだ、だめだと また一歩

なんとかなるさと もう一歩

痛いよ 辛いよと泣きながら それでもやっぱり もう一歩

ここで止まると 今までの 努力が 無になる もう一歩

一歩 一歩 に理由をつけて それでも 進む あと一歩

それが私の 人生か? いや違う そんなの 私の人生じゃない

だったら何が 本当の人生か? そう思いながら また一歩

歩くんだ 理由はなくても 歩くんだ

一歩 一歩 進むたび 理由は勝手についてくる

そうだ それが 人生だ とにかく前に また一歩

歩くんだ 歩くんだ 自分の足で 大地を踏みしめ また一歩


f0227323_128426.jpg

[PR]
by haru123fu | 2016-09-07 01:31 | | Comments(4)