ゆっくり生きる

haru123fu.exblog.jp
ブログトップ

地デジ対策は?

f0227323_1852167.jpg
私がいつも元気をもらうNHK教育 『きらっと生きる』
山本シュウさん、玉木幸則さん、小林紀子さんのこの笑顔。すっごくステキな笑顔でしょう?
疲れているとき、落ち込んでいるとき、この笑顔に出会うとまたガンバロウと……
そんなパワーがでてきます。笑顔って、とってもいいですよねぇ。
いつか、私もそんな笑顔ができるような人になりたいです。

ところで、最近よく耳にする「地デジ対策お済みでしょうか…?」
いいえ。私の寝室のテレビは、アナログのまま。
我が家でこの番組を見ているのは私だけ。というよりも、私のテレビだけアナログのまま。
テレビを買い換えるか、それともチューナーを買うか、いまだ迷っています。
最近、テレビ画面の右上に出る『アナログ』の文字がやけ気にかかります。
いちいち出さなくたってわかってるっちゅ~の!!
[PR]
# by haru123fu | 2010-07-10 19:24 | 今日のわたし | Comments(0)

鉛筆削り

100円ショップの鉛筆削り。いろんなのが、たくさんあって楽しい。
大人の塗り絵用に、ばあちゃんの病院へ持って行く。
あれこれ迷うよりも友人達がそれぞれ買ってきてくれたのを全部持って行く。
ばあちゃんもビックリ。こんなにたくさん……。
でも、一つ一つ色鉛筆をけずっては、ひととおり全部試してみて、ご満悦の様子。
特にクマが顔を出す鉛筆削りには思わず笑顔がこぼれる。
f0227323_15504740.jpg
どんなときも、目標をもって生きることは、大切だよねぇ~。
手を使うと脳が活性化するんだよ。頑張れ!! ばあちゃんのあ・た・ま…?!
[PR]
# by haru123fu | 2010-07-09 16:21 | 女系三代 | Comments(0)

大人の塗り絵

ばあちゃんに、大人の塗り絵と色鉛筆を持って行く。これがきれいに書けた頃、退院になるからね。
f0227323_19522562.jpg

f0227323_19561193.jpg
ばあちゃんの手術が無事に終わった。
痛みが走る、熱が出た、食欲がなく、なんも食べたくない。
看護師さんに言ってもなんもしてくれない。一所懸命に私に訴える。
そうだよね、痛いよね。昨日手術したばっかりだものねぇ。2~3日は辛いよねぇ。
娘に手伝ってもらって身体を拭いてやる。
食事の間そばで、色々話をする。食べなきゃ体力がなくなるよ。これはなんの煮物かねぇ…。
私に促され、それでも少しずつ食事を口に運ぶ。
私が持って行ったケンタッキーフライドチキン、最初はいらないと首を振ってたけど、
自分の辛さをたくさん私に訴えたので少し気が済んだのか、それも食べてくれた。
身体の不自由さは、突然自分に降りかかればとても辛く耐え難いものだ。
人は強そうに見えてもやはり弱い。
だから、誰かに話を聞いてもらうだけでもかなりのストレス解消になるようだ。
ただし…ストレスは伝染病だ。聞いた人に移っていく。
アハハ。今一番しっかりしなくてはならないのは、私のほうだ。
[PR]
# by haru123fu | 2010-07-08 20:50 | 女系三代 | Comments(2)

初めてのおつかい

「娘さん。Drから手術の説明がありますので、午後1時に病院へいらして下さい。」
看護師さんからそう告げられる。さて、どうしたものか…。
連日のばあちゃんの骨折騒ぎと病院通いで、私の疲れもピークに達している。
平日の水曜日の午後1時。いつも助けてもらっている友人や娘は仕事で、誰もいない。
いるのは私だけ。ばあちゃんの病院までなら、一人で車いすでも行けるかも知れない…?!
タクシーで行くかべきか…?車いすで行くべきか…?とても迷う。
タクシーなら早いが、疲れすぎで病院の中でも歩くのが容易ではない。
(電動車いすは、重いのでタクシーには乗せてもらえません)
車いすで、一人で出かけたことは一度もない。
いつも友人か娘が付き添ってくれている。ここが思案のしどころだ。
そして…私は、車いすで行くことを決心する。自転車や、車とすれ違うときの怖さ、歩道は狭く通れないところも多い上に、車が乗り上げ歩道をふさいでいる。立ち往生することしばしば。
ちょっとの段差でも跳ね返る衝撃は大きい。
おおよそ40分かかってやっと病院へたどり着く。まるで、初めてのおつかいそのものだ。
途中すれ違う自転車のおじさん。通りすがりに「邪魔だ!」と怒鳴る。
私だって用事があるのになぁ~と思う。
夕方近く、友人達や娘からそれぞれ電話が入る。「えっ!一人で車いすで行ったの…」「なんて無茶するの…」 「だって、病院で来るようにっていってるから…歩くのちょっと無理だし…」と私。
とにかく仕事終わったら迎えに行くから自分で帰らないよう何度も言い聞かされる。
ホント…初めてのお使いみたいだ(笑) この生きずらさは、新たな挑戦かも。な~んてね。♪
f0227323_20391061.jpg
区民センターのロビー。おおばひろしコーナーと称して、何展かのパネルが飾られていた。なんだかとっても懐かしい昭和の香りを感じた。
[PR]
# by haru123fu | 2010-07-07 21:37 | 今日のわたし | Comments(0)

特急旭山動物園号

f0227323_15481142.jpg

苗穂車庫でお休み中の特急旭山動物園号を見つけました。
苗穂アンダーのすぐ手前。通りすがりに車の窓からあわてて写した写真です。

家に帰ってネットで調べてみると、それぞれの車両に動物の名前がつけられていました。

            1号車 ホッキョクグマ号
            2号車 オオカミ号
            3号車 ライオン号
            4号車 チンパンジー号
            5号車 ペンギン号


のんびりと汽車の旅……あこがれますね。いつかどこかへ旅立ちたいものです。
[PR]
# by haru123fu | 2010-07-06 16:28 | 今日のわたし | Comments(2)

サービスとは?

f0227323_2026569.jpg
         ↑ 札幌ファクトリーの煉瓦館。新緑の蔦で覆い尽くされていた。
            秋から冬にかけ赤く色づき、枯れかけた蔦も味わい深い。


区役所へ行く。月曜ということもあってか、相変わらず役所は混みあっていた。
順番待ちをしながら、年金・後期高齢者医療の窓口の方へ目をやる。
ふと思……。
一人暮らしのお年寄りは、様々な役所での手続きをどうしているんだろう?
高齢者にとっては、難解なものもあるのではないのか。
後期高齢者医療標準負担額減額認定証も自己申請して、初めて適用となる。
わからないままに手続きせず、サービスを受けていないお年寄りはいないのだろうか?
サービスが変わるたびに翻弄してはいないのだろうか?
住民票や戸籍すべて管理している役所なら、どこの誰が後期高齢者になったとか、
課税世帯か非課税か、等々。全てわかるはずではないのか?
自己申告しなくとも自動的にサービスが受けられる…という方法はとれないものなのか。
自己責任とは思いつつも……。
自分はその歳になって、どれだけの理解力を維持できているのだろうか。
[PR]
# by haru123fu | 2010-07-05 20:42 | 今日のわたし | Comments(0)