それは秘密です <ショートストーリー>

f0227323_8381426.gif定年退職した私は、妻の鬱陶しそうな目を避けるため山歩きを楽しんでいる。
それは、登山といえるほどの高い山ではなかったが、
ときおり吹き抜ける風と木々のざわめきや、木漏れ日、
楽しげにさえずる小鳥の鳴き声。
都会の喧噪から逃れ、
ひとときの憩いの時間を過ごすことができる場所だった。

今日も、いつものように身支度をして、山道にはいった。
小一時間ほど歩くと天狗橋にさしかかる。
天狗橋を遠目に見ながら近づいていくと、橋の中ほどになにかがうずくまっているのが目にはいった。
遠目では、良くわからなかったが、橋のたもとに着いたときには、それはしっかりと見えた。

全身が浅黄色で、手足のようなものがある。子どもぐらいの大きさだ。
ピクリとも動かずにうずくまったままじっとしている。
「宇宙人か?」と、私は思った。怖いもの見たさとは、この時の私だった。

ゆっくり、そろりそろりと近づいていった。
私に気づかないのか、それともケガをして動けないのか、私がすぐ横に立っても動かなかった。

私は自分でも思いがけず、大胆にも人差し指でちょっとつついてみた。
すると、顔を上げ、「み、水!」とだけ言って、またがっくりとうなだれた。
「に、日本語だ!」私は驚いた。宇宙人が日本語を話したのだ。

いや、たまたま日本語に似ていただけかも知れない。
だが、私が急いで水筒の水を差し出すと、少し飲んで、残り全部を頭にかけた。
そして深いため息をつき「あー、助かった!」と言った。

間違いなく日本語だ。「日本語がわかるのかい?」とたずねてみた。
すると、「わかるもなにも、おいらはあんた達人間よりもずっと前からここに住んでいる。
いやー助かったよ。ありがとな!」と言うではないか。

「そうか、もうはるか昔にUFOが故障して、それ以来日本で、仲間の助けを待っていたのか……。」
私はこの異星人に同情を禁じ得なかった。

「それで、UFOは、どこにあるんだい?」異星人は、たぶんと思うのだが、不思議な顔をして、
「あんた、さっきからおかしな事を言うが、おいらは河童だよ、知らないのか?河童を。」
「あはは、バカバカしい!河童は空想上の生き物じゃないか。
それにしても君は、実に河童の絵によく似ているなぁー。」
「だから、おいらは河童だと言ってるじゃないか。」

「いやーそれはないな。宇宙人なら存在していると思うが、河童は無理だろう。
たぶん、君は墜落のショックかなにかで宇宙人だと言うことを忘れて、
自分は河童だと思いこんでいるのではないだろうか?」

「うぅ~ん……?!」自らを河童と名乗るこの宇宙人も腕組みをして、
しばし考えているようだがなかなか思い出せない様子だ。

「君は、今はどこにすんでいるのかね?」
「ああ、この川の上流に河童沼ってのがあるのを知っているか?」
その沼なら何度か行ったことがあるので私は知っていた。
「この前の大雨で、恥ずかしながら、激流に流され、気がついたらこの橋の上で、
頭の皿がひからびかけていたのさ。いや~面目ない。」河童は、恥ずかしそうに言った。
「いやいや、大丈夫さ、河童の川流れって言葉があるぐらいだから。」

なぜか、私と河童と名乗る宇宙人は妙に気が合い、天狗橋の欄干にもたれて、少しばかり世間話をした。
「ああ、いけない!ついつい話し込んで、また頭の皿が乾いてしまう。
「今日は、ありがとよ!」そう言うと河童と名乗る宇宙人は橋から川に飛び込んで、
川の上流に向かってスイスイと泳いでいった。
途中で振り返り、「河童沼にいるから、いつでも遊びに来い。」と私に大きな声でそう叫ぶと、
見事な平泳ぎで帰って行った。

家に戻った私が、妻や息子にその話をすると、大笑いされた。実に不愉快だった。
尚かつ、まちがっても二度とそんな話をするなと、釘をさされた。

以来、私と河童と名乗る宇宙人は、まるでお互い無二の親友のように、かれこれ十数年の付き合いとなるが、
誰もそのようなことには気がつきもせず、もちろん、私も誰にもそのことを話したことはない。
そして、多分彼の故郷である星からも、迎えのUFOはいまだ現れていない。
[PR]
# by haru123fu | 2011-04-03 09:16 | 勉強中 | Comments(11)

エイプリルフール <ショートストーリー>

f0227323_10434100.gifピンポン。玄関チャイムが鳴った。
夫が帰って来た。

「ただいま。」夫はにこやかに玄関に立っている。
「お帰りなさい。お疲れ様でした。」今日は特別な日である。
長年単身赴任だった夫が、3月31日で定年退職を迎えた。
そして、今日4月1日。引っ越し荷物の手配を終え、
やっと我が家へと帰ってきた。

「荷物は?」「うん。2・3日で届くはずだ。」
食卓には、私が腕をふるった料理が、たくさん並べられている。どれも夫の大好物。
夫は、「すごいなぁ、頑張ったね。これからは毎日ママの手料理が食べられるなぁ」と笑った。
「今日は、特別よ。明日からはこんなに沢山は、無理ですからね。」と私も笑った。

「美香が、まだ帰ってないからもう少し待つ?」
「そうだな。家族3人そろって乾杯しよう。」
そう言うと夫はいつもの定位置のソファーに深々と座って。
「やっぱり、ここはいいなぁ。」とつぶやいた。

リリ~ン、リリリ~ンと電話が鳴る。
「パパ、きっと美香よ。パパを迎えに行ったはずなのに、もうまったくドジなんだから」
私はそう言いながら電話をとった。
「ママ、ママ!パパが、パパが……」電話の声は思ったとおり美香だった。
私は、可笑しくてクスクス笑った。「どこで行き違ったのかしらね、早く帰ってきなさい。」

「ママ、落ち着いて聞いてね。」美香の声は半分泣き声だった。「パパが死んだのよ!」美香が電話口で叫んでいる。
「美香悪い冗談はよして早く帰って来なさい。エイプリルフールにママを騙そうと思っても残念でした。」
「ううん、ママ、本当に私の目の前で……。」そう言うと泣きじゃくりながら、言葉にならない声で
「早く来て!」と、それだけがなんとか聞き取れた。
私は受話器を持ったまま夫の方を振り向いた。そこに夫は居なかった。
「あらっ!パパどこ?」と大声で聞いた。

手に持った受話器からは、もしもし、もしもしと男性の声が響いている。あわてて、受話器を耳にあてると、
救急隊員だと名乗った。冷静にきちんと伝えるべき内容を私に伝えてくれた。
現在市内の救急救命センターへ搬送中とのこと。

エイプリルフール?受話器を置いて、私は家中夫を捜したが、夫はどこにもいなかった。
それからは、なにがどうなったのか、ただ、ただ、慌ただしく時が過ぎていった。

3回忌の法要を済ませ、娘と二人だけでもう一度パパのお墓へ来た。
交差点の信号待ち、道路を挟んで娘と夫は向かい合って手を振り合っていた。
それは一瞬の事だったという。
歩道に突進してきた車に父が押しつぶされた。ほぼ即死状態だったという。

でも、確かにその時、夫は我が家へ帰ってきた。
いつもの定位置のソファーに深々と座って。「やっぱり、ここはいいなぁ。」そうつぶやいた。

「パパは冗談が好きだったから、やっぱりエイプリルフールでママをだましにきたのよ。」
娘は涙ぬぐい笑顔を作った。
「そうね、パパらしいわよね。」あの乾杯するはずだったワインのボトルから、三人分のワインを注いだ。
墓前に置かれたワインに、私と娘は大きな声で、「パパお帰りなさい。カンパ~イ!」
グラスが、カチンと軽い音をたてた。
「ありがとう、ただいま。乾杯!」と聞こえた。4月1日エイプリルフールのできごとだった。
[PR]
# by haru123fu | 2011-04-02 10:06 | 勉強中 | Comments(6)

白鳥の湖/ウトナイ湖

f0227323_19472640.jpg
鳥インフルエンザもなんのその。。。
行って来ました「白鳥の湖」……ではなく「ウトナイ湖」あれっ?でも、白鳥がいるなら白鳥の湖でいいのか?!
うんっ……?考えるとわからなくなるから、考えない!(それがいい。それがいい。)
でもね、いつものウトナイ湖とはちがうのです。

鳥インフルエンザ予防のため、ず~っと網が張ってあって、いつものように湖に近づくことができない。
だけど……あらら、カモが網を越えてちょろちょろ歩いてる。羽があるから飛べるものね(笑)

あ!やっぱり鳥インフルエンザは、私には命取りだからダメダメ!かえろーって、すぐに帰ってきました。
高速道路利用で往復3時間弱。。。苫小牧でウニ丼食べたから満足。満足。
でも、やっぱ疲れて、今日は一日ごろん、ごろん。
人間、気力だけではやっぱ、ダメ!体力つけなきゃねー。がんばろー!気力、体力両方が必要!!
[PR]
# by haru123fu | 2011-04-01 20:26 | 今日のわたし | Comments(0)

我が家の庭にも小さな春が

f0227323_15552582.jpg
我が家の庭で、最初の春を見つけた。
雪の下で冬眠していたのか、ここ2・3日の暖かさで、目を覚ましたクロッカスの花。
我が家の庭では、一番早起きの花です。
北海道の春は、気弱ではずかしがりやさん。ちょっとずつ、顔を出し始めました。
「春夏秋冬」のお話も読んでね。

我が家にも、やっと、やっと、待っていた春がやってきました。
[PR]
# by haru123fu | 2011-03-31 16:25 | 今日のわたし | Comments(4)

ありがとうさぎ

f0227323_14145995.jpg
ロイズのうさぎパンで「ありがとうさぎ」です。札幌市の花はスズラン、木はライラック、鳥はカッコウです。魔法の言葉でみんな友達になれるといいね。
スズランは、去年「滝野すずらん丘陵公園」で写したものです。昨日、今日と暖かい日が続いています。
みんなに春が来るといいね。056.gif
[PR]
# by haru123fu | 2011-03-30 14:34 | 今日のわたし | Comments(10)