<< 希望 Tome文芸館より 作 ... 年齢不詳の女 りんのショートス... >>

命   空と海とウータと私より 作 春待ちりこ


リンクを貼らせて頂いています。原作へもぜひお訪ね下さい。


[PR]
by haru123fu | 2018-04-01 16:02 | 朗読・動画 | Comments(6)
Commented by curatortome at 2018-04-01 17:29
過剰医療にあいまいな日本
Commented by 春待ちりこ at 2018-04-02 00:41 x
素敵に読んでいただいて、ありがとうございます。
この詩は、叔父が倒れて呼吸器をつけている時に書きました。
今、その叔父がまた。。。
生死の境をさまよっています。
人工呼吸器は外れましたが、酷い障害が残りました。
車椅子の生活で話すことも出来なくなり
嚥下障害もあって、食べることもかなり大変そうで。
それでも20年。。。頑張って生きました。
人生はいろんなことがありますね。
叔父には小さい頃。。。
蛍狩りに連れて行ってもらいました。
優しい叔父です。
そして、今も頑張っています。
Commented by peninsular6931 at 2018-04-03 04:34
人口呼吸器を付けた母親の最後を思い出しました。
Commented by haru123fu at 2018-04-03 20:58
♪♪ Tome館長さんへ
人の命に悩んでいます。ブログもなかなか更新できません
困ったものです。
Commented by haru123fu at 2018-04-03 21:06
♪♪  春待ちりこさんへ
りこさんお帰りなさい。新しいブログで言葉を綴っているのを
見て、とても嬉しかったですよ。
また朗読させて下さいね。
私の心がきちんと命と向き合えた時にはきっとまたお願いに
あがりますので、よろしくです!
Commented by haru123fu at 2018-04-03 21:17
♪♪  peninsularさんへ
そうでしたか。その判断は難しいものですね。
とても辛かったことでしょう。今日も病院の先生からのお話し
があると言われて行ってきました。
いつまで生きる時間があるのかを聴きました。
突然大動脈が破裂することもあるとか。
先生も困った顔して、数カ月と言いました。
まだ母の命と向き合う準備中です。
<< 希望 Tome文芸館より 作 ... 年齢不詳の女 りんのショートス... >>