<< 大人になりました 花街の火事 Tome文芸館より... >>

あなたがあなたと思うものは、実はあなたじゃないかも知れない。


  久しぶりに更新をしようとしたら、あれっ!どうしたらできるの?また忘れてしまった私です。

  いつものように広間空さんのとても優しい作品です。

  そんな詩にしばらく忘れていた自分を、思い出すように

  秋風のような冷たい風が、
  
  ほほをスーツとなでて、くれました。

  
[PR]
by haru123fu | 2018-08-08 16:00 | 朗読・動画 | Comments(4)
Commented by curatortome at 2018-08-09 11:20
自分がなんであるかより、自作がなんであるか、気になる。
Commented by m-kumatta at 2018-08-09 12:03
haruさん (*^_^*)
朗読していただけたのですね (*'▽')
いつもありがとうございます♪
Commented by haru123fu at 2018-08-09 19:31
♪♪ Tome館長さんへ
うん。うん。そうですよね。
作品あっての私たちですよね。
書く人がいて、朗読する人がいて、作品に命を与える。。。
な~んて、ちょっとカッコつけたりして。(笑)
Commented by haru123fu at 2018-08-09 20:08
♪♪ 広間空さんへ
いえいえ、こちらこそありがとうございます。
もう少し上手に読みたかったのですが……
休んでいたら何もかも忘れそうで、心配でした。(^_-)-☆
<< 大人になりました 花街の火事 Tome文芸館より... >>