<< もしも心が縛れたなら。私たちは... 雨にも負けず 宮沢賢治 >>

鳥になった男 6年前の自作自演です。


これは6年前の自作自演です。ブログを振り返ってみると、本当にその時の気持ちがよみがえってくるよう
です。あれから今の自分の気持ちの変化や、自分を取り巻く周りの人たちの変化まで。と、そんな郷愁に
浸ってないでいくら何でも、そろそろPCと本気で向かい合ってなんとかソフトと格闘して、また朗読を始めたくなりました。


[PR]
by haru123fu | 2018-10-07 23:04 | 朗読・動画 | Comments(6)
Commented by misaodosu at 2018-10-08 00:04
Haruさん今晩は!パソコンを閉じたあとだったのでスマホからです

その勢いで新作にもとりかかってくださいな
待ってます、、が、ご無理はなさらないでくださいね。
Commented by curatortome at 2018-10-08 01:36
はるさんと知り合ったのも6年前でした。
Commented by m-kumatta at 2018-10-08 20:26
本当に。
最初に鳥になったのは、海に選ばれた人間だったのかもしれないって。
そんな想像を掻き立てる、とても面白い作品でした(^O^)
Commented by haru123fu at 2018-10-09 17:46
♪♪ 操さんへ
いつもありがとうございます。
つたない朗読を聞いていただけで感謝です。
なぜかソフトの調子がいまいちで、ついつい億劫になって
います。
はい!無理はしないで頑張ってみます。
Commented by haru123fu at 2018-10-09 17:55
♪♪ Tome館長さんへ
そうでしたか、時のたつのは早いものですね。
Tome館長さんの自作自演、とっても良かったです。
Tome館長さんの作品を聴いて、私もこの作品を
思い出したという次第でした。
Commented by haru123fu at 2018-10-09 18:11
♪♪ 広間空さんへ
褒めてもらうとうれしいです。
ありがとうございました。
これは、JR北海道の社長が自殺したのをきっかけに
書いたものです。
<< もしも心が縛れたなら。私たちは... 雨にも負けず 宮沢賢治 >>