人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< 壺  Tome文芸館より 作 ... ネクタイ  とつぜんブログより... >>

やまなし  宮沢賢治


蟹の兄弟の会話が可愛いお話です。お聞き下さい。(*^▽^*)オネガイシマス
宮沢賢治作品は、情景描写がとても美しいですよね。私の朗読ではとてもお伝え出来ないのが残念です。

今日は眼科に行ってきました。目がチクチクして痛かったのを我慢していたのですが、
やっぱり辛いので、行くしかないかな。。。などと思い、思い切って。
目のことは怖いですよね。診てもらったら、目に傷がついているとのことでした。
抗生剤の目薬2種類をもらってきて、挿したら、少し痛みが治まってきました。
さっさと行けばいいものを。。。(笑)

やまなし  宮沢賢治_f0227323_23151580.jpg
    裏の塀のところに咲いていたひまわりは、サヨナラをして、すっかり枯れてしまいました。
by haru123fu | 2020-09-17 07:00 | 朗読・動画 | Comments(8)
Commented by u831203 at 2020-09-17 11:50
宮沢賢治にこんな作品もあったんですね
賢治の童話は暗い話が多いですけどね 久しぶりに賢治に触れることができました
小生の目も基本的には老眼なのですが、おかしな目で、近くが見えたり遠くが見えなかったり、それがごちゃまぜになったりするので、眼科に行くと、そりゃあ、でたら目じゃといわれました ただの眼精疲労でした
目はだいじですから、早めの治療が大切ですね
masa
Commented by tokotakikuh at 2020-09-17 15:24
宮沢賢治
故郷へ、行ってみたくなりました

眼は使い過ぎだけではなく、何かの拍子に傷がつきます
私も一度経験しました
早めが大事です
無理しないでね・・
Commented by haru123fu at 2020-09-17 18:56
♪♪ masaさんへ
masaさん、いつもお付き合いありがとうございます。
「やまなし」は、蟹の子どもの会話が子どもらしくてすきです。
私も、老眼が進みました。「でたら目」ですか?(笑)
こうしてブログをしていると、お互い眼精疲労にもなりますよね。
ましてや、masaさんは、素晴らしい緻密な絵を描かれるのですから。
はい!もう若くないのですから、早めの治療ですよね。^^
Commented by haru123fu at 2020-09-17 19:00
♪♪ zakkkanさんへ
そうですよね。賢治の故郷、行ってみたいです。
なかなか行けないとなると余計にね。

そうなのですね。まさか傷とは思いませんでした。
確かにチクチクして、切り傷のような痛みです。
はい!歳だと思うとついそれに逆らって。そうですね。ムリは禁物ですね。
Commented by yamaboushi53 at 2020-09-17 21:30
はるさん こんばんは
宮沢賢治さんの作品の世界はほんとうに独特な
世界です。このやまなし、知っていましたが、
なかなか理解することができませんでした。
クラムボン、かぷかぷ笑う 音として楽しんで
いました。
川の水の中の世界が実に幻想的ですね。
イメージを膨らませて読み返してみます。
Commented by minoru2703 at 2020-09-17 21:32
クラムポンとかイサドとか意味不明ですけど何となくほのぼのする話ですね
時の流れも感じて人生の儚さも感じます
(・3・) アルェー!
タワシ教祖になっかな
Commented by haru123fu at 2020-09-17 23:08
♪♪ ヤマボウシさんへ
こんばんは
そうですね。本当に独特の世界ですね。
クラムボンが何なのか?未だ論議がなされていると言うのも、
どこか謎めいて面白いです。
でもきっと、イメージの世界なのでしょうね。感じたことを感じたままに。
そんなことのように思います。^^
Commented by haru123fu at 2020-09-17 23:12
♪♪ minoruさんへ
そうそう、なんとなくで、きっといいのだと思うのです。
私も理解はしていません。只々、のどかな水の中の情景を思い浮かべながら。。。
ふふッ!minoruさんが、教祖になったら、私は一番弟子になって、儲けましょう。
<< 壺  Tome文芸館より 作 ... ネクタイ  とつぜんブログより... >>