人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< あさましきもの  太宰治 Arrivederci  と... >>

蜻蛉に寄す  中原中也


秋になると、赤とんぼの歌が、なんとなく口をついて出てきます。お聞き下さい。(*^▽^*)オネガイシマス

ブログ、はっぴーでぃずに、トンボがいっぱい!
あまり外出できない私は、とっても楽しみです。つい感化されて、トンボの詩を探したら、
中原中也の詩を見つけました。秋と、トンボと、赤とんぼの歌が、郷愁を誘います。
あ、私はもともと故郷に住んでいました。( ;^^)ヘ..

蜻蛉に寄す  中原中也_f0227323_22195743.jpg
               このヒマワリはまだまだ元気いっぱいです。
by haru123fu | 2020-09-21 07:00 | 朗読・動画 | Comments(14)
Commented by minoru2703 at 2020-09-21 10:37
(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
宣伝していただいて(*´v`*)ありがと

赤とんぼと秋の夕暮れの情景が目に浮かびますねえ
どこか物悲しげです

赤とんぼに追われて見ています(笑)
Commented by yamaboushi53 at 2020-09-21 15:31
はるさん こんにちは
秋のふとした情景を詩に託しています。
やはり詩人の感性は違いますね。
この雰囲気、なんとなく頭の中に浮かんで
きます。
秋はセンチになる季節なんですね。
Commented by rakusou-cc at 2020-09-21 15:49
暑い夏が終わり、ホッとした様な、寂しさを感じる様な、
雰囲気がはるさんの朗読に現れて秋を感じます。

急に涼しく成って来たので、いよいよ冬準備ですね。
風邪を引かぬ様、ご自愛下さい。
Commented by tokotakikuh at 2020-09-21 17:03
赤とんぼ
ゆうやけこやけ
こやけってどんな風景なんでしょう
この年で、気になるなるなんてね

トンボおっかけ少年に聞きたい(笑)
Commented by u831203 at 2020-09-21 17:31
<とんぼ釣り 今日はどこまで 行ったやら>(千代女)
子どもの頃、竹の先につけた糸におとりのトンボをくくりつけ、寄ってくるトンボを捕まえたものです
子どもの頃はトンボ釣りで遊び、今は極楽トンボで過ごしています masa
Commented by haru123fu at 2020-09-21 19:56
♪♪ minoruさんへ
いえいえ、こちらこそ、楽しませて頂いています。
是非、他のブログの方にも見て頂きたいです。
でないと、勿体ないですね。
Commented by haru123fu at 2020-09-21 20:00
♪♪ ヤマボウシさんへ
こんばんは
昔はどこにでもあった風景ですよね。
暗くなるまで外で遊んでいました。
子どもは雨降り以外は外で遊ぶのが当たり前の時代でした。
どこか、もの悲しく、そんな昔を思い出しながら、朗読してみました。
Commented by haru123fu at 2020-09-21 20:07
♪♪ 夢歩さんへ
暑い夏が終わり、いきなり寒くなりました。(笑)
北海道は、夏が終わると、なんだか寂しい気分になります。
10月も、もう目の前です。そうなると雪の便りが届きます。
春は、皆さんの所より遅いのに、冬はいち早くやってきます。
嫌だなぁ~と思っても、しかたがないですよね。(笑)
はい!去年の冬は何を着ていたかな?なんて、そんなことを思っています。
夢歩さんの所は、好い季節ですよね。どうぞ秋を楽しんで下さいね。^^
Commented by haru123fu at 2020-09-21 20:22
♪♪ zakkkanさんへ
いえいえ、好奇心はどんどん膨らませましょう。(笑)
トンボおっかけ少年は、だんだん、白鳥少年になりますよね。
魅力ある白鳥を見て、つられて、冬のウトナイ湖まで、行ってきました。
また来年も行けるといいなぁ~!あ、鬼が笑うかな?
Commented by haru123fu at 2020-09-21 20:28
♪♪ masaさんへ
千代女の作ですか。
masaさんは、本当によく知っていますよね。頭が下がります。
今の子には考えられないような遊びですね。好いですね。
そうやって、暗くなるまで遊びましたよね。遊びにいっぱい頭を使いました。
あらら、masaさんは、そんなことはありませんよ。
でも、そんなふうに楽しく暮らして下さい。^^
Commented by tokugawacats226 at 2020-09-21 23:15
はるさん、こんばんわん✨🤗

赤いトンボさん、最近見てないですね~。
茶色とか緑っぽいトンボさんを見かけます笑

この詩の主人公の人も秋ならではの?センチメンタルな気持ちなのかなぁ(*´-`)🍂
秋は素敵な季節で好きですが、
ちょっぴりさみしい感じもします😁


Commented by haru123fu at 2020-09-22 00:23
♪♪ えりんこさんへ
この詩集のタイトルは、「在りし日の歌」といって、
亡き児文也の霊に捧ぐと献辞が付されています。
2歳で亡くなった愛児の追悼詩集からの一編です。
私もあまり詳しくはないのですが、作者の哀しみが静かに伝わってきますよね。
まして、秋ですものね。季節も相まって、いっそうセンチメンタルになりますよね。(笑)
いえいえ、秋だからといって、もの思いにばかりにふけってはいけません。
えりんこさんのように、前向きに行かなくてはねッ!
えりんこさんのブログから、とっても元気をもらっています。
何ごともポジティブに、ですね。(^_-)-☆
Commented by SEROW250GORO at 2020-09-22 16:06
はるさん、こんにちは!
あっという間に連休が終わってしまいましたが、
天気はいまいちでしたね
北海道はすでに寒くなっているのではありませんか。
人出も多くなってますので、くれぐれもご注意を
そして素敵なコメント、毎度感心しています。
Commented by haru123fu at 2020-09-22 22:04
♪♪ 五郎さんへ
こんばんは!
本当ですね。時間が経つのがとても早いです。
札幌はわりと良い天気でしたが、時々にわか雨が降って、
女心と秋の空です。
いつも沢山のハートをありがとうございます。とっても嬉しいです。
頑張ろうと言う気持ちの背中を、押してもらっているようで感謝しています。
経験出来ないような、五郎さんの素敵な野宿にも、
ご一緒させてもらっているようで、とても楽しいです。
はい!だんだん、人出も普通になって来ています。十分気をつけますね。
ありがとうございます。(^ー^)ノ
<< あさましきもの  太宰治 Arrivederci  と... >>