人気ブログランキング | 話題のタグを見る
<< 金魚  北原白秋 蜻蛉に寄す  中原中也 >>

あさましきもの  太宰治

2013/01/08に公開

読書の秋です。どうぞ太宰文学にお付き合い下さい。(*^▽^*)オネガイシマス

太宰治というと、やはり思いつくのは「人間失格」ですよね。
この衝撃的タイトルに惹かれて、初めて読んだのが、確か高校生の時だったと思います。
でも、なかなか理解できず、読むのが辛かったような記憶が。。。(-_-;)
それから時が流れ、二十歳を過ぎて、もう一度、読んだ時にはその面白さに虜になりました。
続けて「斜陽」等も、読みあさりました。もう内容は、ほとんど覚えていませんけどね。(笑)

あさましきもの  太宰治_f0227323_19473208.jpg
        ゆめの目の色が変わっています。なにか悪戯でも考えているのかな。^^
by haru123fu | 2020-09-22 07:00 | 朗読・動画 | Comments(10)
Commented by u831203 at 2020-09-22 10:33
「あさましきもの」「人間失格」「斜陽」
この題名は、ドキっときますね 俺のことかと
太宰治の著書は題名が刺激過ぎてあまり読む気にはなれませんでしたが、何故か斜陽の書き出し
<朝、食堂でスープを一匙吸ってお母様が「あ」とかすかに叫んだ>だけは覚えています あとは・・忘れました
滅びゆく貴族の話だったと思いますが、はるさんの言葉を借りると「しゃようならだけが人生だ」 ですね
masa
Commented by tokotakikuh at 2020-09-22 11:09
おはようございます
私も、彼の小説を初めて手にしたのは「人間失格」
不思議な題目に高校生の私には、興味津々でした
その前に
「走れメロス」
これは、小学生の国語にありました

これだけの天才も
「芥川賞」がとれずに、じれたとか?
あの頃の「芥川賞の値打ちを知ります
読書・・久々の「文学」に触れましたよ
Commented by yamaboushi53 at 2020-09-22 16:56
はるさん こんばんは
太宰治さんの「人間失格」「斜陽」「津軽」など、
学生時代に読みましたが、なかなか難しい文学で、
読解するのに苦労しました。
「走れメロス」この作品はよく覚えています。
この時代の作家たちの作品のあらすじは分かりますが、
作品の主題をつかむためには一文一文、噛みしめて読
まないといけませんね。
Commented by minoru2703 at 2020-09-22 16:58
世の中に聖人君子しか居なかったら妻乱でしょうねえ
って言うか、そんな人はタワシ以外居ません
なーんちゃって
人間くさいけど楽しい(?)話でした
Commented by pet2love-nature at 2020-09-22 19:46
いつもながら落ち着いて聞きやすい素敵なお声ですね( ´∀`)太宰治の作品は走れメロス、斜陽しか読んだことないのですが、奥深い作品が多いですね。
こちらは初めて知りました。
読むのは大変なので(笑)
秋の夜長、こうやって聞くことができて素敵な時間を過ごせて嬉しいです(*´ω`*)


Commented by haru123fu at 2020-09-22 22:40
♪♪ masaさんへ
いえいえ、決してmasaさんは、そんなことはありません。私が保証します。(笑)
確かに、題名は凄いです。それに「嘘」に「姥捨」ですからね。
読者は、好嫌いがはっきりする作家さんですよね。
20代の頃の私は、夢中で読みました。一体、何十年前なのか。( ̄ .  ̄;)サ、サァ?
きゃはッ!「しゃようならだけが人生だ」ですか?
確かに、この歳になると身に沁みます。(笑)
いつもありがとうございます。励みになります。
Commented by haru123fu at 2020-09-22 23:11
♪♪ zakkkanさんへ
そうですよね。「人間失格」には、ひきつけられますよね。
ああ、そうでした。「走れメロス」最初に太宰作品に接したのは、
教科書でしたね。
自分で、朗読もしているのに忘れていました。(笑)
私は太宰文学、好きでした。
38歳での自殺も、どこかミステリーに包まれて、
でも、本当のことは誰も分かりません。
私は、文学の為に心中したのでは、などと勝手に思っていました。
Commented by haru123fu at 2020-09-22 23:19
♪♪ ヤマボウシさんへ
こんばんは
そうなのです。10代の頃に読んだ「人間失格」は、
とても難しい気がして、楽しめなかったように思います。
でも、文学も、経験を積むと、理解力が増すのでしょうか。
ヤマボウシさんは、今でもとても読書家ですよね。
私も、今ならもっと色々な作品を楽しめると思うのですが、
老眼で、文字を読むのが辛く、さっぱりです。(笑)
Commented by haru123fu at 2020-09-22 23:24
♪♪ minoruさんへ
この作品のように、短編なら朗読も楽なのですが、
長い作品は、もう息が続きません。(-_-;)
あらら。。。minoruさんは、やっぱり教祖様では?
お金儲けするなら、私にも声をかけて下さい。(爆)
Commented by haru123fu at 2020-09-22 23:37
♪♪ えりーさんへ
ありがとうございます。
でも、えりーさんはもっと素敵です。
みごとな染めの技術。素晴らしいですね。糸を染めて織り上げる。
そればかりではなく、色々なことをされているのですもの毎日が充実ですね。
お邪魔して感心することばかりです。
下手な朗読ですが、読書代わりに、秋の夜長をお付き合いくださったら、
とても嬉しいです。^^
<< 金魚  北原白秋 蜻蛉に寄す  中原中也 >>